ワックス講習会&05-06モデルお披露目会

LINEで送る
Pocket

みなさん、こんにちは。dmkに入会して3年目、東京・練馬区在住のJ.Tです。

関越自動車道入り口があるっていうことぐらいしか利点がないこの練馬で、スノーボードの滑走日記や旅行記、潜入記等のホームページをちまちまと書いていた僕でしたが、今回dmkのワックス講習会&Vitamin JIB試写会&飲み会のレポートを書くという大役に大抜擢されました。

まるで草野球の河川敷のグラウンドからメジャーリーグのスタジアムに無理矢理連れ出されたような感がありますが、この大きいフィールドで精一杯頑張らさせていただきます。

秋らしい青空が広がった9月19日、朝の8時から荒川の河川敷で草野球の試合をこなした僕は、かなりへとへとの状態でdmkワックス講習会が行われる東京・神田のミナミ スパジオ店7Fへと向かいました。

時間ギリギリに滑り込んだせいか、もうすでにほとんどのメンバーが集合している様子。冬のキャンプ以来、久しぶりに会う仲間もいたりして会話が弾みました。

そうこうしているうちに「なんとなく」講習がスタート。「なんとなく」始まるところがdmkらしくていいな~と思って講習を受けていたところ、10分ほどしてアヤさんが

 

「じゃ、みんなできちんと挨拶をしてから講習を始めましょう」

 

(えっ?もう始まってたんじゃないの?)

 

多くのメンバーがそんな顔をしながら、dmkのワックス講習会やキャンプでいつも板をメンテしてくれるクリプトンの伊藤さんとSMJの山内さん、そして今回の会場を提供してくださったミナミの門馬さんに挨拶をして講習会が本当に始まりました。

 

 

今回、約20名程の講習会参加メンバーのほとんどがホットワックス初心者の方でした。そういう僕自身もホットワックスをきちんとやるようになったのはほんの2年前。あれは岩岳でのdmkハウツーキャンプがきっかけでした・・・・。

それまでホットワックスなんていうものは自分でやったことはなく、シーズン前に板をメンテに出したらあとは滑る直前に液状ワックスをゲレンデ駐車場で塗り塗り・・・・そんな感じでした。しかし2年前のdmkハウツーキャンプで気持ちよく斜面を滑り降りた後、スケーティングしたくない一心でなんとか踏ん張ってリフト乗り場まで耐えていた俺の横を物凄い勢いで滑り抜けた男がいたのです。

そう、 ワックス天使ますみさん です。

「なんであの人は緩斜であんなにスピードが出るのか?」

その疑問は偶然にもその晩ひっそりと開催された、ワックス天使によるワックス講習会により解決したのでした・・・・。

なのでこのワックス講習会が、「これからはホットワックスに挑戦してみよう」というメンバーが増えるきっかけになったらいいな~と思いました。

 

さて、講習会の内容はというと・・・・いきなりワックスがけから入るのかと思いきや、まずはワックスをかける前の下準備の説明。

  • ホットワックスに必要な道具の説明
  • バインディングは外す。
  • 板は汚れていないか。よごれていたらワックスやリムーバーで汚れを落とす。
  • エッジのバリは出ていないか。
  • アイロンにキズはついていないか。

以上の5項目です。 (用語がわからない場合や実際の作業工程は、ワックス天使のホームページ 「だって大好きだもの」 を参照していただければと思います。)

今回、僕はこの「アイロンにキズがついていないかチェックをする」ということを初めて学びました。今まであまり気にもしてませんでしたが、アイロンの鉄板はキズがつきやすいらしく、キズがついているアイロンでワックスをかけたら、当然板にもキズがついてしまうということでした。キズが深いと使い物にならないということで、各自のアイロンを伊藤さんがチェック。

 

 

僕のアイロンのキズを見て、

 

 

「これはダメです」

 

即答でした(T_T)

 

ただ僕のアイロンのキズは幸いにも浅かったようで、「2000番の紙ヤスリ」で削った後、リムーバーできれいに削りカスを拭き取れば大丈夫とのこと。一安心です。

ワックスがけの為の下準備の説明をきっちり受け、講習開始1時間後にようやくワックスの登場です(笑)

伊藤さん「アイロンについている小さなランプが消えたら、アイロンがけしていいという合図です」

(へ~、今まで電灯が消えたら温度が低いのかと思ってた・・・。)

 

なのでさっそっく「ランプが消えたらアイロンの温度OKの合図!」と手帳にメモ。

その様子を見ていたアヤさんが、

「え~、じゅんさん(僕)それって常識じゃない?」

アヤさんに指摘されるとは・・・・。

さて、実は今回ワックス講習会を受けるにあたり、せっかくだから楽しみながら作業をしようというアヤさんの粋なはからいで、チーム分けがされました。基本的にはワックス初心者を経験者がサポートするといった感じですが、チームが発表された途端にあからさまに張りきり始めたメンバーがいて、チーム分けの効果バツグンでした。

 

本日初対面チーム

うらやましいですね。

 

 

カップルで参加チーム

もっとうらやましいです。

 

 

漢(おとこ)同士

・・・・・うらやましくない。

 

僕とペアのふみえさん。ホットワックス初体験でしたが、生塗りから、アイロンがけ、スクレイピングと頑張って挑戦してました。

 

 

わたべ~がワックスを入れていた箱を見て、ふみえさんが質問

ふみえさん「かわいい箱ね~。ミナミで売ってるの?」

僕「・・・・・」

100%売ってないと思いますよ(笑)

 

 

 

今回のワックス講習会は教えっぱなしになるのではなく、途中途中できちんと理解をしているか復習テストがあり、そのおかげで最初に教えてもらったことを忘れることなくしっかり覚えることができました。

しっかり答えられるか伊藤さんの厳しい目が光る

 

ワックスがけの基礎から細かく丁寧に教えてくれた伊藤さん

 

 

本当に熱心に教えていただき、勉強になりました。

 

 

 

 

でも伊藤さん・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

これはありですか?(笑)

本当に勉強になります

 

 

その後、滑走ワックスを塗り終えてから車座になっての質問タイム。

ここでは、参加メンバーの疑問に答えていただきました。

  • 新品の板の手入れ
  • 有効エッジ
  • ワックス用具の代用品
  • 春先のワックスの選択の方法

などです。特に春先のワックス選択について、気温が低い時に使用する固いワックス(マツモトワックスでいうならExtra green)をあえて塗り、汚れを拾わないようにする 「逆ワックス」 なる使用方法は、ぜひ実行してみようと思いました。

 

質問コーナーの途中で・・・

 

手摺狂会の相内会長(右)とメジャー(左)登場!

 

 

あまりのビッグゲストの登場に会場騒然

 

「何か質問ありますか?」と聞かれてもあまりにビックすぎてまともに質問することできませんでしたが、プロテクターの重要性と撮影時に書かされた始末書の話し(笑)をしてくださいました。

 

以上でワックス講習会終了です。

 

その後、Vitamin JIB試写会 の準備が整うまで、参加メンバーみんなで会場下のミナミのお店で今季モデルなどをチェック。

普段はほとんど一人で買い物に来るので、dmkの仲間と一緒にお店をまわって色々見て回るのはとても新鮮で楽しい経験となりました。

 

 

午後5時。Vitamin JIB試写会の準備ができたので、再び7F会場へ。

たった30分という短い時間でしたが、グーフィー、レギュラーに分かれてテンポよくたくさんのトリックが紹介されていて、見ていて楽しいDVDでした。シーズン前の家で板をつけての練習はさっそくやってみようかな。

 

試写会終了後、この時点でみんなかなりお腹が空いていたのですが、飲み会スタートまであと1時間・・・・。

じゃあせっかくなんで近くの「RONIN」ショップに行きますか、とみんなでおじゃますることに。総勢20名あまりが「RONIN」でわいわいと品定め。

ふと気付くとワックスコーナーの前ではワックス天使がワックスの説明をしていたり、レジの中で話し込むメンバーがいたり、帽子や時計を見ているメンバーがいたりで店内はまたたく間に一杯になり、わけがわからん状態に・・・。

通りがかった一般のお客さんが「あれ、この店セール中?」と言った言葉が印象的でした。

そろそろ飲み会の時間ということで、「RONIN」を後にし会場の「刀削麺荘」にゾロゾロと向かいました。

結局「RONIN」であれほどわいわい騒いでいたのに、購入したのは村っちょさんの3150円のワックスをのみ・・・。

新手の嫌がらせですか(笑)

左氏さん、ごめんなさい・・・。

 

午後7時。お待ちかねの飲み会のスタートです。

みんなかなりお腹が減っていたみたいで、特に僕が座ったテーブルは出てくる料理の消費が早い(笑)

料理がテーブルに置かれるやいなや、すぐに無くなっちゃう状態で、飲み会から参加のりゅうさんにいたっては、自分達のテーブルの分の料理だけでは足らずに隣のテーブルから料理をもらっちゃう始末・・・・。

午後7時から10時まで予約していたにも関わらず、開始30分で食べるものがなくなってしまいました(笑)

 

 

次第に席が入り乱れてきたので、食べ物を探しがてら隣りの列のテーブルに混ぜてもらおうと移動。

何やら会話がものすごく盛り上がっていました。

 

Kちゃん「マンガの『コブラ』の前腕の筋肉って最高だよね~」

Kさん「私、男の人の胸の筋肉の上についている脂肪が大好きなの~」

僕「・・・・」

 

ダメだ・・・。そこは僕にとって 完璧にアウェー でした。一旦席を外しトイレへ。他の席を探そうとしましたが、どこも空いてなく結局さっきの席へ・・・。

 

Kちゃん「だからガソリンの匂いって最高だって!!」

Kさん「いや、ジッポーオイルの匂いの方がいい匂いだよ!」

 

この人達、大丈夫ですか(笑)

 

でも最後は、でろんでろんに酔っぱらいながらもいつしか話題はスノーボードの話しへ。隣りでは伊藤さんとワックス天使が相変わらず熱いワックス談義をしている・・・。

変わった人が多いけど(笑)結局みんなスノーボードが大好きなんだな~と改めて思ったりして。

最後になりましたが、クリプトンの伊藤さん、SMJの山内さん、馬場さん、そして場所を提供していただいたミナミの門馬さん、休日にも関わらずお店を開けてくれた「刀削麺荘」さん、本当にありがとうございました。

シーズンが来るのがさらに楽しみになった1日になりました。

 

おしまい

お馴染みケイ・カメラマンの写真ページは以下になります。
http://www.yukinchu.com/dmk/200509wax/

 

LINEで送る
Pocket