DMK野沢ハーフパイプスキルアップキャンプ~レポート

LINEで送る
Pocket

 

元オリンピック選手、中島志保によるハーフパイプ・キャンプ in 野沢。
ところがこの日は、記録的な大雪で、パイプ・キャンプが、パウダー・キャンプに!?
このドラマチックな出来事となったキャンプをお馴染み、ますみ部長がレポートしてくれました。

さあ!今シーズン最初のキャンプが開催されましたよ~。

キャンプを開催したのは広くて雪がたっぷりな野沢温泉スキー場。開催日は一月の一番降ったのではないかと噂されている1/14と15日。
えっ!?記録を振り返っても今年一番降った日だった?やっぱり!そんな絶品パウダーの日に、パイプのキャンプをぶち当ててしまいました。

今回のキャンプのメインテーマはフリーランの中でどれだけパイプの動きを練習できるのか?というものでしたが・・・

「あれ?今日はパウダーキャンプですよね?」

当日は朝からなんと災害級の大雪。集まったキャンパーもパイプキャンプなのにパウダーボードをもってきているという、嬉しいのか悲しいのかわからないような苦笑い日和。

そんな中でもコーチの質は変わりません。DMKではおなじみの中島志保ちゃん。いつものさわやかな笑顔でこのキャンプをリードしてもらいました。(ちなみに彼女の持ってきていた板もパウダーボード(◎_◎;)ある意味やる気満々)

とにかく自然が相手のスポーツ!みんなで滑ってみて超絶パウダーの中でもなんとかパイプにつなげられないか、頑張ろー!とキャンプ・スタート。

 

まずはゴンドラに乗って、向かったのは一番頂上。〇〇と煙は高いところを目指すなんていいますが、ここでまずは足慣らしでしょ。

「マジか」

なんと!そこには想像もしなかったほどのパウダー。雪が多くてとにかく軽い!そう軽すぎて板が浮いてこない。パウダーボードでも「沈没」する人が続出。ちょっとでも脇に寄って行くと体が埋まってしまう~なんていうトラップがアチラコチラ。

ダメだ!これじゃ体力が持たない!ということで少しでも雪が少ないと思われるところまで標高を下げていくことに。そんな移動中でも次々と雪風呂に入浴しまくるキャンパーたち。湯あたりならぬ雪あたりしそう~~。もちろん標高を落としていく途中でハーフパイプの状態を確認してみるが、当然のごとくクローズ。というか姿はなくパイプは埋まっていた( ノД`)シクシク…

でもそんなことじゃメゲないぞ!途中でパウダーの滑り方を教えてもらいながら我々はキャーキャーいいながら滑り倒す。

なんとか雪が落ち着いてきたところにたどり着いた時には、ゴーグルがダメになる人が続出。それでも映像撮影や記念撮影頑張りました!その時の写真から、どれだけの大雪だったのか、わかると思います。

横殴りの雪から避難するかのようにレストハウスになだれ込み昼食。「生きてるって素晴らしい~。」と実感しました。それからさらに移動していくと、結局一番下のゴンドラ駅に近いバーンがレッスンに適しているという皮肉な結果。でもそんな非日常な感じも、小学生の時の台風の前日に感じたようなワクワク感がして楽しかったね~。落ち着いたバーンでビデオ素材を撮影して一日目は終了。

 

宿に戻って早速ビデオクリニック。日帰りの子も滑りをチェックしてもらい、手取り足取り体の使い方を教わっていきました。

夕食後には、協賛をいただいているメーカーさんからの、たくさんのプレゼントをテーブルに並べてじゃんけん大会。
プレゼントのテーブルは、キャンパーさんからよく見えないところに置かれていて、勝った人はテーブルに駆けつけて10秒で選ばなくてはならないというルールの中、瞬時の判断力を要求される激しいじゃんけん大会でした。そのあとには昨年12月に結婚したばかりの志保ちゃんの、馴れ初めなどプライベートな内容をみんなでいじり倒しながら、お祝いの言葉を送り、楽しい時間を過ごしました。

 

二日目ももちろん雪は降っていますよ~。でも前日よりも雪も締まってきており、とても滑りやすい絶品パウダーに生まれ変わっていました。

キャンプ開始前には志保ちゃん流のウォーミングアップもみんなでワイワイとやって準備万端。

前日の反省を踏まえて、頂上まで登らず、人の流れが少なそうなバーンを選んでいくと、そこには最高のコンディションのパウダーがみんなを待っていました。人も少ないからコーチの志保ちゃんも「幅を目いっぱい使った大きなターンで行きましょう!」とやっとレッスンらしくなってきました!

午前中はそんな素敵なパウダーを何度かいただいてから昼食。昼食中には日帰り参加の人にビデオクリニック。役に立てたかな?

昼過ぎには雪も落ち着いてきて、時折晴れ間も出る天気。やっとのことでパイプに必要な動きのレッスンも行えました。よかった~主催者側としてホッとしました。

終わり間際にも大量の雪が降ってきたけど、どんなコンディションでも終始楽しそうに参加してくれたキャンパーの方々。天然ボケを発揮しながらも楽しいコーチングでリードしてくれた志保ちゃん。協賛をいただいたメーカーさん。皆さんに感謝です。ありがとうございました!

 

そしてこのキャンプの最大の試練は最後にあった。それは車の雪下ろし。宿のオーナーの協力もあってなんとか掘り出せましたが、なかなか貴重な体験ができました。

 

DMK野沢ハーフパイプスキルアップキャンプ

メインコーチ:中島志保
参加キャンパー:15名(日帰り3名含む)
参加費用:¥28000
宿泊地:ウッディハウス満月
協賛:Westbeach、Awsm、Landing Headwear、Transform Gloves、 Hydroponic、Plenty Humanwear、SMITH

 

LINEで送る
Pocket