Category: news

Airhole本格的発信!

昨年6月30日にお伝えしたニュースでブラウナー&ケイルのフェイスマスクAirhole、覚えている方も少なくないだろう。あのお茶目なAirholeが遂に本格的に発信する!というリリースが来たので紹介するぞ。

息ができる忍者マスク。日差しの強い日のフェイスマスクとして注目浴びそう。

Airholeのコンセプトは、クリス・ブラウンとケ?ル・スティーブンズのゆがんだ発想から生まれた。これは今までで一番テクニカルなコンセプトだ。穴があいていてそこから息が出来る。「単純に聞こえる?」これは大間違いの馬鹿だ。

「ケ?ルと俺はある日バックカントリーにいっていて、最高に顔面が寒かった。全部の種類のスカーフとバンダナを使ったけど、どれもこれほど快適じゃなかった。それがフェイスマスクのアイディアを得たきっかけとなった。それから、あちこち動き回って仲間を集めたんだ。」共同創始者クリス・ブラウン

「いつも俺達は忍者みたいに成長し続けていて、マスクも忍者みたいだ。だから忍者のネーミングを決めたんだ。3色、ブラック忍者、ホワイト忍者、レッド忍者がある。」共同創始者ケ?ル・スティーブンズ

チームはもうしっかり決まっている。ケ?ル・スティーブンズ、クリス・ブラウン、パーボ・ティッカネン、トレバー・アンドリュー、エリック・クリスチャンセン、イカ・バックストローム、エーロ・ニエメーラ、ジョニ?・ライアル、アンドリュー・ギーブズ、マイキ?・レンツ、クリス・ダフィシー、そして業界のベテランであるジョン・サマーズ。

Airholeは北米と日本で2007年秋に発売予定。Endeavor Snowboardsが北米ではすべての販売・プレスを担当している。

ちなみにこの2人は来年度発売されるPeakに登場する予定だ。

展示会シーズン開幕!

日本の展示会シーズンが、横浜にてスタートされた。昨年、代々木で行われたLensも今年は横浜で開催されたことで、SBJとの行き来ができることになった。

今年もたくさんの注目ブランドや新商品が登場しているが、本日のニュースでは、Lensから2ブランド紹介しよう。

Levelから2イン1システムのグローブ

グローブの老舗メーカーで高品質で知られるLevelは、ゴアテック2イン1システムの商品をリリースした。
これは1つのグローブで2種類の装着が可能で、片方はグリップ力が高く、もう片方は暖かさが高いというもの。往来、温かさを求めれば、グリップ力が落ちることになり、2つのことを考慮したら2種類のグローブが必要だったが、ゴアテック2イン1システムはその問題を解決!


左)これがゴアテック2イン1システムの外観。こうして見るとシステムなどわからないオシャレなグローブに見えるが。
右)中はこのように上下の入り口に分かれていて、上の茶色の方から入れると温かく、下のグレーから入れるとグリップ力が高くなる画期的なデザイン。

http://www.japanlevelgloves.com/

SavanderからパウダーOKの長めのボードが登場!

石川健二、鈴木伯など日本を代表するライダーが乗るSavanderからパウダーOKの長めのボードが登場した。このボードは旭川のパウダーでも楽しめるというコンセプトで作られたようだ。Savander独自のナチュラルシェイプのボードはパウダーでの浮遊感を存分に楽しませてくれそうだ。

またSavanderかはジーンズのボタンを留めるようなビス穴のデザインのモデル、GUARD 151.5など斬新なデザインなボードも揃えていた。


左)パウダーでの浮遊感を堪能させてくれるMASHINE 160。
右)ジーンズ柄のGUARD 151.5。ちょうどジーンズのボタンのようなビス穴。遊び心も満点。

http://www.savander.com/

SBJ展示会最新ギア情報

昨夜まで開催されたSBJからの最新ギア情報を。

np athleticsから防水性あるボタン・シャツ

スタジャンで有名なnp athleticsからは防水性の高いボタン・シャツがリリースされた。一見するとカラフルでファッション性の高いシャツだが、なんとこのシャツはウォータープルーフが20000ミリもある。完全にウェアー・レベルの高さの防水性で、来季は注目を浴びそう。


左)ウォータープルーフ20000ミリのP-S21 Botton Shirt。
右)np athleticsを代表するスタジャン。カラーバリエーションは4種類。

さらにレンズ機能が進化したSmith

レンズの高性能さでは有名なSmithだが、来季モデルはさらに進化していた。新ミラーレンズのIgnitor Mirrrorは、全天候型。往来のSmithのミラーレンズよりも明るさへの遮断は高く、眩しさを防いでくれる。もちろんSmithならではの傷の強さは継承しているので、長く使える。

またSmithからは新ヘルメットがリリースされた。Smithゴーグルとピッタリと合うデザイン。レギュレーター・システムにより通気性も自由に調整できる優れもの。


左)今までのミラーはちょっと眩しかったかもしれないけど、もう大丈夫。
右)Smithゴーグルに合うヘルメットも登場!種類も豊富だ。


今年も遊び心満点のStepchild Snowboards

スノーボードの古き良き時代のデザインを再現してくれるStepchild Snowboardsは、マニアを毎年楽しませてくれる。今年もあの懐かしいボードのデザインを再現しているボードや、ブッシュとフセインが殴り合っている絵をさりげなく入れているボードなど遊び心が溢れていた。
カヌーに乗った人が描かれているシモン・モデルもきっと人気が出るに違いない。


遊び心に溢れたStepchildの前に立つのは業界ではミヤモト氏。Stepchildを日本に入れた有名人。


今年はさらに全快mathmatics

ネイト・ボーザンが乗るmathmaticsは、まさにアメリカン・スノーボーダーを代表するブランドだ。滑る→パーティ→寝るというリズムの中で、発想されたボードは、スノーボードを大好きなライダーたちが自分たちの乗りたいボードを自分たちで作るという精神を強く感じる。
昨年はやや固めだったが、今年はやわらかくなって乗り心地もさらに良くなったとか。それより何よりこのmathmaticsの仲間になりたい、と思わせてくれるパワー全快ブランドである。


mathmatics日本ライダーの江渕大輔と注目ネイト・ボーザンのボード。


http://www.sbj.org/

あなたのデザインするグラフィックがRomeボードに!

以前、海外からのメディアリリースで「あなたのデザインするグラフィックがRomeボードになる!」というニュースをお伝えしたが、改めて日本の方から同じ情報がリリースされて来たので、ご紹介しよう。

Romeのグラフィック・デザイン開発部門はボードアートを一般から公募。
06-07シーズン、冬から春にかけてSDSは世界各国からグラフィック・ アートを公募し、春に勝者を決定します。勝者はRomeの2008-09シーズンのボードグラフィックをSyndicateのアーティストと共に開発してもらいます。

決定された勝者は、Romeのアート・ディレクターとともに限定シリーズのボードアートを作っていくことになります。

応募されたアートは2007年4月20日にHasco必着。その後、日本からの参加分としてRomeにアートが送られます。

※応募されたアートは返却いたしません。
※アートには、作者本人または代表者の郵便番号・住所・氏名(フリガナ)・生年月日・電話番号・Eメールアドレス・職業を明記してください。
※アートは輸送できるサイズであれば様式は問いません。
※データでのご応募の場合、TIFF,JPEG,EPS,GIFいずれかの形式で保存し、制作したアプリケーション名を明記して下さい。
※応募作品を広告・商品化などに使用する際の二次使用権は、米国ROME SNOWBOARD DESIGN SYNDICATEに帰属します。

アートの送り先は
〒543-0033
大阪市天王寺区堂ヶ芝2-5-4
(株)ハスコ・エンタープライズ 「ROMEボードアート」係まで


http://www.romesnowboards.com/

シモンのバインはUnionに

シモン・チャンバレンのバインディングが今年からUnionになった。これは今年1月1日からの正式な契約で間もなく正式なリリースが出るだろう。

乗れてる感が漂いまくるシモンの重要拠点ギアとも言えるバインはUnionになった!

シモンは昨年春から夏、Fluxを使用。またシーズンに入ってForumのバイディングを使用していた。どれも気に入った様子だったが、最終的にはUnionに決めたようだ。その背景には、金銭的なことがあったのかもしれないが、何よりシモンのマイナー好きが要因したような気がしてならない。Stepchiid snowboardsにしろ、Nomisにしろ、シモンは契約時にどれほどそのブランドの認知度が低くても自分がカッコいい!と思ったところのギアを使用する傾向にある。そして、自分の力によってそのブランドを引き上げるという仕事をして来た。

その一方でDCはすでにメジャーだけに・・・、そんなことよりも本人が単純にカッコいい!と思うものを使用するってことかな!?

ともかく、Unionはシモンと契約したことにより、これからかなり注目を浴びそうだ。ちなみに現在のライダーのことを考えれば(TRAVIS PARKER, HAMPUS MOSESSON, JON KOOLEY, TJ SCHNEIDER)、これからのUnionはシモンによって上昇して行くのだろう。


http://www.unionbindingcompany.com/

ラウリとイカーはDCと契約へ

昨年末、ラウリ・ヘイスカリとイカー・バックストロムがForumを脱退するというニュースをお届けしたが、その2人がDCに移籍するという情報が入った。DCと言えば、スケートシューズはもちろん、ブーツやウェアーまでリリースしているブランド。今後ラウリとイカーはDCのウェアーを着ることになりそうだ。

ちなみに現在のDCのスノー・チームのライダーは、
トラビス・ライス、ビヨン・ライナス、トラビス・パーカー、エディ・ウォール、シモン・チェンバレン、トッド・リチャーズ、デバン・ウォルッシュなど、最強の布陣。ちょうどヨーロピアン勢がいなかっただけに、ラウリとイカーが入ることで、ヨーロッパ市場にもますます強くなって行きそうだ。

ところで、DCの親会社と言えば・・・、そう、クイックシルバーである。ってことは、クイックシルバーはロシニョールも支配下にあり・・・、まさか彼らがロシと契約!? いやいや、これは考え過ぎだろう。まさか、そんなことはないだろうけど、どのボード・ブランドに行くのか気になるなあ。


http://www.dcshoes.com/

CK4TVの#3、#4が一挙公開!

本日、CK4TVの#3、#4が一挙公開される!

いよいよシーズン真っ盛りのはずが・・・
雪山はまさかの雪不足・・・

ですがCK4Worksでは、皆さんのテンションを盛り上げます。
年末年始は何と、豪華2コンテンツの最新の動画を一挙公開します。

まずは12月29日に公開されるのは?
#3 ROME JAPAN TOUR “SHRED カバブー”
ファンでアットホームなROME TEAMの滑りをチェックできます。
貴重なBJのSNOVA溝の口でのライディングを見ることができます。

さらにさらに年明け2日に公開は??
#4 今年も福島街なか広場で雪が降る! 『GoFor It』
超豪華ライダーによる街なかレールSESSIONは必見です。
最新のジブをチェックしちゃいましょう。

年末年始はCK4TVをCHECKしてテンションを上げましょう。

●お問い合わせ先
e-mail: info@ck4vm.com

●詳細は以下のwebサイトまで

http://www.ck4vm.com/

ダニー・デービスがDragonと契約!

昨年Nippon Openの覇者、またUS Openでもショーン・ホワイトに続き2位。北米2大専門誌のTransworld 誌とSnowboarder誌の両方で新人賞に輝いたダニー・デービスがDragonと契約した。

まだ年齢は18歳と若く、今後のダニーの活躍に大いに期待!

Danny Davis
Date of Birth: 22/06/1988

Dragon Global Snow Team
Gigi Ruff, JP Solberg, Leanne Pelosi, Seth Huot, John Jackson, Simon Chamberlain, Mads Jonsson, Matt Hammer, and Danny Davis


http://www.DragonAlliance.com

SBJアンケートでNINTENDO wiiが当たる!

SBJ 日本スノーボード産業振興会で過去5年間実施していた「フレンドリーリゾートアンケート調査」を
見直され、新たな発展した内容で、ユーザー動向調査を実施することになった。抽選で、人気のゲーム機「NINTENDO wii」、ワンセグ対応AVプレイヤー「TOSHIBA gigabeat」が当たる!

SBJ Research ~スノースポーツに関する意識アンケート~ 実施中

SBJ 日本スノーボード産業振興会では、スノースポーツに関する産業・環境・文化の発展および活性化のために、スノースポーツに参加される方々からのご意見を集めて、調査集計した内容を提案しています。

ご協力いただいた方の中から、2月末と4月末に抽選で以下のいずれかの賞品をプレゼントいたします。

ゲーム機NINTENDO Wii本体 2名様(2月、4月 各1名様)
ワンセグ対応ポータブルAVプレイヤーTOSHIBA gigabeat V30T 2名様(2月、4月 各1名様)

よりよいスノーボード環境の実現のために、ぜひ「SBJ Research ~スノースポーツに関する意識アンケート」に協力して、プレゼントをゲットしよう!

調査サイト→http://www.sbj.org/sbj_research.html


http://www.sbj.org/