Category: news

World Snowboard Classicでジャパン旋風!

今年のWorld Snowboard Classicのハーフパイプ大会はジャパン旋風だ!

実力者が遂に開花した!

男子では石原崇裕が優勝。
そして女子も降旗由紀が優勝した。

さらに男子2位には青野令、そして3位に藤田一海。
女子2位にも山岡そうこが入り、表彰台はほぼ日本勢が独占してしまった。

男子で5位に入った村上史行も、この日の最高峰の高さを出したし、またスムーズにメイクしていて、この日の観客の目はまさに日本人ライダーに目が行く展開となった。

この日の大会は、各選手4本滑れてその内のベストランを採用されるという方式だ。
優勝した石原タカは、最後となった4本目。フロント10、キャブ7、フロントサイド5、バックサイド5、フロントサイド7をスムーズに決めて見事に優勝!

石原はこれまでにもその実力高いポテンシャルは誰もが認めるところだった。ところが、大きな大会でなかなか良い結果が出なかった。練習ランや予選までのランで誰もが目を引くライダーなのに。ところが、この春大会の4本目に見事にその才能が結果として現れた。

石原の優勝は、2001年春大会のライオ田原、優勝依頼の快挙だ。あの時、ライオのライバルにはトレバー・アンドリューやマイク・マイケルチャックなどがいたが、今のライバルは、村上史行であり、また愛媛の16歳コンビの青野と藤田だった。実際、最終走者となった石原が滑る前の時点では、青野が1位、藤田が2位という展開だった。しかし、最後、最もプレッシャーが掛かる場面で見事なスーパーラン。今回の優勝は、石原タカの大きな転機となる予感がした。次回バンクーバー五輪に向けて、「自信をつかむ」という大きな勲章になったように思える。

長年、石原を応援しサポートを続ける兄貴分ゴッチは、以下のようにコメントをしてくれた。
「今回はパイプの立っていたのでタカの得意とするところ。だから、ガンガンに回せとアドバイスしました」

実際、石原は最初のヒットで見事に高さあるフロントサイド10を決めた。
またバックサイド5など含めた高回転トリックのオンパレードはジャッジを唸らせたようだ。

ユキエちゃんもリルDVD撮影をしながら懸命に降旗由紀を応援。

女子で、優勝した降旗由紀は怖いもの知らずで、ガンガンに攻めていた。マックやフロント7など失敗を恐れずにチャレンジ。そのかいあって、女子ではウィスラー春大会、日本人の初優勝となった。

ハーフパイプ大会後に行われたスーパー・ヒットでは、青野令がバックサイド1260をビタビタにメイク。ここまでしっかりとBS1260をメイクしたのは初のようでガッツポーズをした。ちょうどその青野の目の前には、オークレーのインターナショナル・マネージャーのデレック・ハイト氏がいて、「リョウは凄い!」と絶賛していた。

そして、青野の親友である藤田一海もフロントサイドで1080を決めて、ライバルに負けないところを見せた。
綿谷コーチとやって来た愛媛の若者2人(共に16歳)は、優勝はできなかったものの、カナダで大きなおみやげをもらったように見えた。

この大会のベスト映像は、今年発売されるPeakで紹介される。お楽しみに!


ジャパン旋風の立役者たちとその仲間の記念撮影。

石原タカ優勝ランの映像は、コチラからどうぞ。

青野令ベストトリック映像は、コチラからどうぞ。

Old Spice World Snowboard Classic
Supepipe Final Results
April 21, 2007
Mens
1 Takahiro Ishihara
2 Ryo Aono
3 Kazuumi Fujita
Womens
1 Yuki Furihata
2 Soko Yamaoka
3 Poulina Ligoka


http://www.whistler2007.com/2007/wso/
  

予選も青野令と藤田一海が目立った!

連日お伝えしているウィスラー春大会「Old Spice World Snowboard Classic」、本日はハーフパイプ男子の予選が行われた。この日のベスト16位の選手が、明日の決勝で招待選手といっしょに戦うことになる。

愛媛E.P.BROSのこの2人ヤバ過ぎ!

この日も目立ったのは、青野令と藤田一海だ。抜群の高さと、高回転スピンで見る者を魅了した。二人を見ているとまさに新時代を感じさせる。

青野は右肩を痛めての出場であるが、それでもバックサイド9をスムーズに決める。すでにバックサイド1260まで決めるというが、900は完全に青野の射程距離内、言い換えれば8割ほどのさじ加減でできるような技に見えた。

藤田の最終ランも転倒したが圧巻だった。フロント7からキャブ7と完璧で高さも抜群、そこからさらにストレートを一発お見舞いして、次にバックサイド・スピンをしたところで惜しくも撃沈。しかし、このランは藤田の気合が伝わるランだった。

今年、DVD撮影をメインに動いて来た村上史行も調子を上げて来た感じだ。お馴染みの高さに加えて、技をまとめるようなデリケートさも加わった印象。今年はあまりパイプに入っていないようだが、2日目の大会となり調子は上向きと言っていいだろう。

吉野満彦は、残念ながら納得のランが出ず。持ち前の実力を発揮できかったようだ。

外国勢では、クリスピン・リップスコム、ダン・レイモンド、ジャスティン・ラモルーなどカナダ・ナショナル・チーム選手も持ち前の実力を発揮したように見えたが、青野、藤田の前にはその存在が霞んで見えた。

明日の本選には、今夜、コロラドの撮影から強行軍でウィスラーに戻って来る中井孝治も出場する予定だ。
また、練習ランでその高いポテンシャルを見せ続ける石原タカも出場する。

女子では山岡そうこ、降旗由紀、田村弥生も登場する。

今年のウィスラー春大会はメダル候補の日本勢がズラリで、2001年ライオ田原が優勝したようなジャパン旋風が巻き起こる予感がする。

Men’s Semi-Finals Results
April 20, 2007
1 Ryo Aono
2 Justin Lamoureux
3 Fumio Murakami
4 Kazuumi Fujita
5 Nick Saar
6 Neil onnolly
7 Dylan Bidez
8 Bredan Davis
9 Doug Monfee-Smith
10 Ryan Rausch
11 Josh Duncan
13 Chase Conway
14 Dan Raymond
15 Zak Stone
16 Craig Moore


http://www.whistler2007.com/2007/wso/
  

Coca-Cola Rail Session速報

カナダ・ウィスラーの今夜、行われたCoca-Cola Rail Sessionの速報をお伝えしよう。

これまでのウィスラー春大会のレール・セッション同様にアイテムは2種類。
1つはダウン・レール。もう1つは3つのボックスを集めたアイテムで、フラットからダウン、またサイドの小さなボックスからダウンに行けるというもの。

1時間のセッションで16人のスノーボーダーと16人のスキーヤーが登場した。内、女性ライダーは3人で一人は日本から参加の天池いずみだった。

天池はダウンレールでフロントボードをスムーズに決め、また小さいボックスからダウンに設置してあるボックスに飛び乗るアイテムなど果敢に攻めて観衆を沸かした。
しかし、女子で優勝したのはダウンレールでフロントサイド270インなど果敢に攻めていたリアーネ・ペロッシだった。

男子はこの春大会で表彰台で乗りまくっているクレイグ・ボーリュー(Craig Beaulieu)だった。
クレイグはレールでフロントサイド側からフロントサイド270インなどハード・ウェイ・インのトリックを決める実力者ぶりを見せた。
その他、ボックスなどでも多彩な技を見せた。

この模様は、今年発売されるDVD「Peak#03」でリリースされる予定だ。

 春大会で大活躍のクレイグ。  レール・セッションでは馴染みのローガン・ショート。今年もレベルの高い擦り技を見せた。


http://www.whistler2007.com/2007/rail/

これがウィスラーのPeak to Peakゴンドラだ!

2008年12月、ウィスラーにとんでもないゴンドラが登場する!
それは、ウィスラー、ブラッコム間をつなぐ、Peak to Peakゴンドラだ。(以下、イラスト参考)
 
イラストを見ると、素人目にはかなり強引な設計に見えないこともない。というのも、このゴンドラ全長は4.4キロで、なんと3024メートルもの距離でサポートする支柱がないのだ。公式サイトにも「Longest unsupported span for a lift of this kind in the world at 3.024 km / 1.88 miles(3.024km/1.88マイル この種類のリフトでは世界でも最もサポートされていない長さ)」と掲載されているのだ。
しかも世界最高の地上450メートルを通るというから、凄い絶景になるだろう。
本日、ちょうどこの新ゴンドラ建設のことが夕方のニュースで流れた時、約20年近くも住むウィスラーに住むカナダ人スタッフは「私、絶対にこのゴンドラ乗らない!」と宣言。
 
北米ナンバー1リゾート、2010年五輪開催地のウィスラーだけに、まさか事故を起こすようなことはないだろうが、あまりにもダイナミックな設計にビックリさせる。
 
肝心の詳細を説明していこう。
 
このゴンドラは、ウィスラーとブラッコムのメインの場所となるところに設置される。ウィスラー側からは、ウィスラーゴンドラの降り場付近。そしてブラッコム側からはソーラーコースターの降り場付近。一度でもウィスラーに来た人ならおわかりになるだろう。メインのレストハウス区間をゴンドラでつないでしまうのだ。
 
距離にして、4.4キロのゴンドラの乗車時間は、なんと11分という速さだ!今までウィスラーからブラッコムに行こうと思ったら、チョッカリしてベースまで滑ること10分(注:レベルによって20分か)、そこからさらにゴンドラなどを乗り継ぎ30分ほど時間をかけないとブラッコムのメイン場所には行けなかった。つまり、40分から1時間ほどの移動時間が必要だったのに、2008年からは11分という夢のような出来事が起こるのである。
 
このゴンドラは28人も乗れて、1時間に4100人ものスキーヤー、スノーボーダーを運んでしまうとのこと。本当にこの計画には驚かされる。
 
ここ最近、ウィスラーのリフト券代はハイ・シーズンには76ドル、タックス入れたら80ドル以上という値段に上昇しているが、このゴンドラ建設によりさらなるリフト券高騰が心配である。これから、ウィスラーを訪れる人にとっては、「どうぞお手柔らかにお願いします」という気持ちかな。

これが新ゴンドラだ。

中はこのように広い空間。

 
(以下、Peak to Peakゴンドラの公式サイト)

Wold Snowboard Classic HP練習速報

ウィスラー春大会の花形種目Old Spice Wold Snowboard Classicハーフパイプの練習日の模様をいち早くお伝えしよう。

本日、朝一番に来て練習に励んでいたのは山岡そうこ。あいかわらずスムーズなライディングで、本番に備えていた印象。しかし、ちょっとしたハプニングが。それは首の寝違え。朝から調子悪かったということだが、お昼頃のランでさらに痛くなってしまったようだ。今回もメダル候補なのに心配である。

愛媛の話題のティーン軍団E.P.BROS(エーピー・ブラザース)から、藤田一海と青野 令は快調にパイプを流していた。藤田一海はフロント7でインディとメランを同時につかみっぱする実力で今回台風の目になりそうだ。

石原タカは、本日、パイプで最も目立っていたライダーだろう。あいかわらず高さあるフラット・スピンで、この日練習していた選手の目を釘付けしていた。

そして、久々に大会に出場する、ゴッチ親分も登場したぞ!ともかく高さを狙うようなアグレッシブぶり。最初の方のランでは、上体が暴れていたが徐々に調子を上げて来て、スムーズにグラブを決めた。
ゴッチ曰く「出ることが結果」ということ。この言葉には長年この業界をリードして来た重みがある。
スノーボード・バルブ時代からトップ・ライダーとして生き抜き、今なおこの世界で元気な姿を見るのは感動だ。ゴッチの姿を見ていると、「大人ライダーの方も結果うんぬんではなく、大会に出場して気張ってみないか!再び輝いてみないか!」というメッセージが聞こえて来るようだ。

あいかわらずスムーズに流す山岡そうこ。 この大会で台風の目となりそうな藤田一海。 ゴッチ親分、元気をありがとう!
アグレッシブに攻める降旗由紀もメダル候補だ。 綿谷コーチはパイプ下見のため(?)飛んでいる!? あいかわらず惚れ惚れさせるテクニシャンぶりの石原タカ。

  
http://www.whistler2007.com/2007/wso/
  

秘蔵写真も見れる!一海ブログ・サイト

アクロス愛媛県の仲間で作ったチームE.P BROS.の一人、藤田一海のブログ・サイトはおもしろいぞ!
 

スタイル抜群の一海は今後注目の若手だ。

必見はE.P BROS.の仲間(青野 令、渡辺 耕大、 安岡 一世、藤野 智也)が出ているフォト・ギャラリーのコーナーだ。2007年ワールドチャンピオンの秘蔵写真も公開しているぞ。

 
この写真のように勢いがあれば、E.P BROS.の世界征服も時間の問題か!?
この一海ブログ・サイトからアクロス育ちのキッズのうまい理由が、わかるかもしれないから、ぜひ、チェックしてみよう。
E.P BROS.(イーピーブラザースとは?)
愛媛アクロスに通っていた5人の若者(15歳から19歳)で結成されたチーム。
Eは愛媛、Pはポンコツという意味らしい。
真駒内の7人の侍に対抗すべく(?)、 E.P BROS.には百姓5人衆のステッカーがある。
百姓は一揆で革命を起こす!

PROTY☆07-08ニューモデル展示&早期予約会Vol.2 開催!

大阪市にあるショップPROTYからウェアー展示会のお知らせだ。

大好評のPROTY主催、ニューモデルスノーボードウェアー展示・早期予約会のVol.2の日程&参加ブランドが決定いたしましたので、ご案内させていただきます!
ご参加は自由です!たくさんの方々にご来店していただけることを願っております!

展示会日時:4月27日(金)~5月6日(日)
開催時間:12:00~22:00
開催場所:PROTY店内

<展示ブランド>
VOLCOM / NIKITA / HOLDEN / MISSION SIX / NPA / RAS / P01 / REW / REW(AA) / LIB-TECH / ALLIAN

PROTY取扱い07-08ニューモデルをご用意しております!
来季発売の最新ウェアーをぜひ手にとって、カタログだけでは伝わりきらない各ブランドのこだわりをチェックしてください。少し早いですが、来季に向けて準備をしていきませんか?
来シーズンもプロッティ取り扱いNewブランドから究極の人気ドメスティックブランド、そして海外のコアブランドまで一早くご覧いただけます。

☆  展示会中は営業時間を延長して行います→いつも会社等で間に合わないから「行けない」っていう方も安心!!

多くの方に見てもらいたいと思います。
みなさまのお越し心よりをお待ちしております。

06-6359-8884 or info@proty.net までお気軽にお問い合わせ下さい。
大阪府大阪市北区中崎西2-5-18   


http://www.proty.net/

中井孝治がAlterna Filmsへ世界発信!

中井孝治がAlterna Filmsで世界発信されることになった!

中井の目は世界へ。

Alterna Filmsは6年間の歴史を持つ、カナダのフィルム・プロダクションズだ。日本でのディトリビューターはマニューバーラインで、これまで2004年に「Fast Food」、2005年に「Shrediquette」をリリースしている。
まだ日本での知名度は低いフィルム・プロダクションズだが、スノーボードDVD愛好者からは、以前から評価が高かった。

これまでの撮影で、中井はかなり良い映像を残しているということで、噂によると冒頭パート、もしくはトリを取るかも、ということ。
どちらにしても中井孝治が撮影に参加したことで、Alterna Filmsの知名度は一気に上がりそう。
また、中井もこの撮影に参加し続けることで、バックカントリー撮影や海外で一人でやって行くハングリー精神を磨くなど、様々なことを学んでいくに違いない。

なお、これまで通り中井孝治の日本での主戦場は、7人侍、そしてRed Eyesは変わらず。その他に世界向けにAlterna Filmsが加わった、ということ。


http://www.alternaactionfilms.com/

Stompede速報

ウィスラー春大会のStompedeで、残念ながら天池いずみは表彰台に上れなかった。

本日の決勝では、4本滑りそのベスト・ランで争われた。
天池は2本目にスムーズに決めたランがあり、これで表彰台は確実か、と思われたが、結果は5位だった。
成績を見ると、スムーズなメイク以上に、多少上体あ暴れてもよりアグレッシブに難易度高い技で攻め、また過激なアイテムを選んだ選手が上位に来たような傾向があるように思えた。(注:今年発売されるPeak#03であなたが最終ジャジメントをしよう!)

男子は、昨夜のビッグ・エアー大会の2位のクレイグ・ビューリーが優勝。
レールで誰よりも難易度の高いトリックを決めたNomis若獅子のジェド・アンダーソンは2位だった。

この大会の模様は、今年発売を予定しているPeak#03でお届けする模様だ。
優秀なトリックを集めたダイジェスト版を見て、ぜひこの大会の楽しさやユニークさを体感してみよう。


これがStompedeの会場。あなたなら、どう攻める?


左)世界トップ・レベル、日本女子では最高峰クラスを実証するようなライディングを見せてくれたが良い結果はせず。その真実はPeak#03で披露されるだろう。
右)フロントサイド側からバックサイドで270イン(ハード・ウェイ)でレールをこなす優勝したクレイグ。コイツはうま過ぎる!
ちなみに中井孝治は昨日のビッグ・エアー大会でクレイグが勝つことを予想していたそうで、クレイグは見事に2位に入った。まだ日本では無名だけど、相当の実力者。

Stompede Final Reults
April 12, 2007 at Whistler,BC
Men
1 Craig Beaulieu
2 Jed Anderson
3 Mike Osachuk
4 Charles Reid
5 Jon Versteeg
6 Jon Versteeg
7 Matt Belzile
8 Jermy Cloutier
9 Logan Short
10 Dennis Bannock
Women
1 Molly Milligan
2 Stephanie Just
3 Joanne Dzierzawski
4 Leanne Pelosi
5 Izumi Amaike
6 Ntasza Zurek
7 Alex Duckworth
8 Vanessa Stark
9 Bev Vullieumier
10 Dominique Vallee


http://www.whistler2007.com/2007/wso/
 

SPINY★大展示会

コジロー店長でお馴染みのSPINY★大展示会のお知らせだ。

07-08 NEW MODELを取り揃えて、見て、触れて、語り合い、雪山への思いを大切に少し早いですが、来シーズンのプランをたてましょう!
経験豊富なライダー達があなたレベル、方向性、スタイルにフィットしたギアを提案いたします。
みなさまのお越し心よりをお待ちしております。

2007-2008 Snow Gear Collection.

Date : 2007/04/26(Thu)~30(Mon)

Open : 12:00~23:00

Brand : SCOOTER-NOV-BURTON-IDIOM-FANATIC-MOSS-NITRO-SALOMON-DEELUXE-FLUX
           REW-FONICA-TRITON-SP・D-NEWTYPE-L1-L1TA-ANALOG-AK-RTG-BONFIRE
           DICE-FATFIVE-OAKLEY-anon-VZ

Place : SPINY★
神奈川県平塚市松風町26-26
0463-24-5210
office@spiny.co.jp


http://www.spiny.co.jp/

OLD SPICE BIG AIR速報

TELUS World Ski and Snowboard Festivalの最初のスノーボード種目OLD SPICE BIG AIRの結果が出た。

表彰台に乗った3人の表情。

期待れた日本勢の3名、中井孝治、鈴木伯、鈴木翔太は残念ながらトップ3(ファイナル)に残れず。
台が小さくて思う存分に実力が出せなかったか・・・。

 
スタイリッシュに決めた日本勢だったが、残念な結果に。左、中井。右、翔太。

OLD SPICE BIG AIR RESULT
1 Matt Belzile
2 Craig Beaulieu
3 Brad Martin


http://www.whistler2007.com/2007/wso/

國母和宏がジャンクSPORTSに出演!

活動の場を世界に広げ続ける國母和宏が、フジテレビ系列で放送されるジャンクSPORTS(放送日時:4月22日(日)19:58~20:54)に出演する。

世界最高峰フィルマーの1つStandard Filmsで活動している國母の勇士が見れる模様だ。
昨年ノルウェーで撮影された40mの超巨大エアーの映像も放送されるとのこと。