Category: インタビュー

SUPERPARK直前!宮澤悠太朗 Catch Up!

 

今年で21回目を迎えるSUPERPARK(スーパーパーク)。
このイベントは、アメリカのSnowboarderマガジンが主催しているもので、このために特設パークを作って世界のビデオスター・ライダーを招きセッションしようというもの。当然、動画などを通して世界中のスノーボーダーにその模様は配信されるビッグ・イベントだ。

そのSUPERPARKに招かれた日本人ライダーの宮澤悠太朗が現在ブラッコム・パークでトレーニング中だ。
今週末アメリカに旅立つという悠太朗をCatch Up! 近況報告を聞いた。

ジュニアの世界選手権で2位に入るなど、今季も目覚ましい活躍。自分にとってはどんなシーズンだった?

今シーズンはいろんな場所でいろんな人と一緒に滑って自分の中のスノーボードってのを再確認して、スノーボード自体が上手くなったと思うシーズンでした。

あの芸能人もたくさんいる堀越学園を卒業し、この春はいよいよ大学生ですね。
高校生活を振り返って。また新しい大学での学生生活はどう?

高校は本当に楽しかったですね(笑)。長期の休みが多かったりして人よりあまり行ってなかったけど、みんなと仲良くて。
あと、やっぱり可愛いしカッコよかったです(笑)。それだけじゃなくてやっぱ大人の世界で活動してる子たちなんで、考え方から大人だったりしておもしろいです。
しゃべったら普通の高校生なんですけどね。

この春のウィスラーの滞在は短かったけど、今回のウィスラーでのテーマは?

今回はいろいろとやりたいことあったんですけど天気のせいで全然滑れなかったです。

 

SUPERPARKに招かれてどんな気持ち?
マンモスに作られる特設パークでやってみたいことは?

招かれたっていうかバートンで行くんですけど。やっぱり海外にしかないスケールのパークだし、いろんな海外ライダーも来ると思うんで、とりあえず一番楽しんで一番目立って行きたいですね。

ウィスラーでは、天気が悪く思うような動きはできなかっと言うが、十分目立っていた悠太朗。彼のジャンプを見ていたローカルからもそのパフォーマンスの高さから、声が掛かっていた。
この後のスーパーパークでの暴れっぷりも楽しみ。ぜひ一番楽しんで一番目立ってほしいね!

 

Plenty創始者グレッグ・デジャルダンはDEJA VUムービー発起人

 

Plenty Humanwear(プレンティ・ヒューマンウェア)は、2008年ケベックベックで誕生したカナダで話題のストリート・ウェア。センス良いデザインで、スノー系ブランドのストリート・ブランドとしては、久々のスマッシュヒットとなっている。
Plenty Humanwearを支えるライダーは、LNP、ニック・サーヴ、フィル・ジャッキー、アレックス・カーティン、ベン・ビロックなど、昨今スノーボード界でお騒がせストリート集団、DEJA VU(デジャ・ヴ)クルーたち。
それもそのハズ、Plenty創始者グレッグ・デジャルダンはDEJA VUムービー発起人でもあるのだ。

グレッグは、元々プロ・スノーボーダーだったが、引退後にDEJA VUムービーを立ち上げ、その後、自身のインスピレーションから、Plenty Humamwearを立ち上げた。

そんなグレッグに、バンクーバーで行われていたトレードショー、KNOWSHOWでキャッチ!
ブランド立ち上げとなった要因は、ブランド・コンセプトなど伺った。

インタビューアー: 飯田房貴 fusaki@dmksnowboard.com

>>>> 続きを読む

原点回帰!上田ユキエ ウィスラーでシーズン始動!!

 

長年、ガールズ・スノーボードシーンを牽引して来た上田ユキエがウィスラーでシーズン・イン!
現在は、アメリカLAに拠点を構え、ママ・ボーダーとしても活躍。あいかわらず、というか・・・。むしろ一層、積極的にも活動しているように見える。その元気な原動力はどこから来るのか。そもそもウィスラーでシーズン始動した理由は?また今季のテーマなど、ウィスラーに来ているユキエちゃんをキャッチして伺った。

news161130g

 

――今回のウィスラーのテーマは?

ユキエ:『私の原点』でしょうか。
始めてウィスラーに行った1993年からまさに23年目。
今もドキドキしています。ずっとそんな気持ちを持ち続けて挑戦していたいです。
ウィスラーに来れば初心を思い出します。私のスノーボードの始まりの地ですから。

>>>> 続きを読む

知られざるライダーJimmyの素顔③

 

DMKでも何度も登場してくれたライダー、Jimmy。
わかりやすいハウツーのコーナーを担当し、ウィスラーから春の最新ライディング・セッションを披露してくれた。
彼はライダーという立場だけでなく、フィルマー、さらにはメーカーの裏方のような仕事もこなし、様々な形でスノーボード界で活躍して来ている。

一昨日から続いた『知られざるライダーJimmyの素顔』、本日最後は、ジミーのスノーボードの故郷、スノーボードの原点にもなっている『カナディアン・スタイル編』をお届けします!

インタビューアー:飯田房貴

 

news160809b

写真提供:Radiot Photography http://radiotphotography.com
https://www.facebook.com/radiotphotography

 

カナディアンスタイル編

――ジミーの中でどれほど意識があるのか?定かでないけど、ジミーのライディングをカナディアン・スタイルと呼ぶ人がいます。
ジミーにとってカナディアン・スタイルって何だと思いますか?

Jimmy:  これ!ってのはないとは思うんですが、自分が思うのは、ジャンプにしろ、滑りにしてもきれいな流れ、英語で言う『FLOW』があって、必要以上に動かないスタイルかと思います。

――無駄のない動き。そこに魅了されるというところ?
例えばカナディアン・スタイルの象徴と言うと、誰が思い浮かびますか?

Jimmy:  う~ん・・・、デヴァン・ウォルッシュ、シモン・チャンバレン、マーク・ソラーズ、ケビン・グリフィン、マット・ベルジール、ジェイク・ クジック、スティーブ・カートライト、ラスティ・オケンデンですね。
こう見るとコンペティターよりムービースターが多いですね(笑)。

――渋い名前も出ていますね。スティーブ・カートライトとか、もう誰も知らないと思うけど(笑)。
デヴァン・ウォルッシュは、カナディアン・スタイルの象徴かもしれませんね。あれだけぶっ飛んで、ノーグラブみたいな感じで。

Jimmy: たぶんデヴァンでもわかないと思いますよ。あっ!あとE-manを忘れてました。スコット・ブラウンとかもスムーズですよ!

――ジミーが好きなアンドレ兄さん(ベノワ)の名前が出ていないですが?

Jimmy: そうですね。あの人はカナディアンスタイルというかベノワさんスタイルですね(笑)。他に真似できる人はいないのでオンリーワンです。彼はジャンプが大好きなんですが、抜けは置いといて、回転から着地までがコントロールされてていつもきれいに飛んでいきます。かなりぶっ飛んでっても回転が余っても、あの強靭な身体でストンプ!ある意味凄いです(笑)

>>>> 続きを読む

知られざるライダーJimmyの素顔②

 

DMKでも何度も登場してくれたライダー、Jimmy。
わかりやすいハウツーのコーナーを担当し、ウィスラーから春の最新ライディング・セッションを披露してくれた。
彼はライダーという立場だけでなく、フィルマー、さらにはメーカーの裏方のような仕事もこなし、様々な形でスノーボード界で活躍して来ている。

昨日から続く知られざるライダーJimmyの素顔、本日はパート2、『プロ道編』をお届けします!

 

インタビューアー:飯田房貴

news160907f

 

プロ道編

――ところで、ジミーって、ライダーとしてはちょっと変わった感じだよね?
ビデオのパートを取るというタイプでもないと思うし、大会で表彰台に乗っていくわけでもない。
でも、撮影になると、きっちり画を残して、普段は催事など手伝って一般の方にスノーボード普及活動のようなことをしている。
ハウツーもうまいし。何か常にユーザーの立場を考えて行動するようなプロかな、と思うけど、自分ではどう考えている?

Jimmy: 自分のスキル、レベルを自分でちゃんと理解して、その中で自分ができる事を常に探してる感じです。ライダーと言ってもいっぱいます。ライダーとしてスキルが高いのは当たり前ですし、滑りが上手くても人と関わるのが苦手なライダーがいたり。アイドルみたいにファンが多いライダーもいます。野球でも選手をライダーとして考えると選手みんながみんなピッチャーじゃないし4番バッターでもないんですよ。サッカーやと、みんながみんな本田であったり香川でもないんです。自分のプレーするポジションによって役割が変わってくると自分は思ってるんです。スノーボードはチームスポーツでもないので1人として見られるますが、僕はそういう風に考えてるので自分のスキルを絡められる部分がそういうところだったのでそういう風に行動してると思います。

>>>> 続きを読む

知られざるライダーJimmyの素顔①

 

DMKでも何度も登場してくれたライダー、Jimmy。
わかりやすいハウツーのコーナーを担当し、ウィスラーから春の最新ライディング・セッションを披露してくれた。
彼はライダーという立場だけでなく、フィルマー、さらにはメーカーの裏方のような仕事もこなし、様々な形でスノーボード界で活躍して来ている。

今回は、意外と知られていないJimmyの素顔に迫ります。
全3部構成。本日から3日連続でお伝えします!

インタビューアー:飯田房貴

news160724b

生い立ち編

――ジミーが初めてカナダに来た頃だから、ほぼ10年とかのお付き合いですね。でも、そもそもスノーボードを初めてきっかけ、カナダに来た理由など聞いていなかったね。スノーボードはいつ、どんなきっかけで始めたの?

Jimmy: 家族全員がみんなスキーをしていて3歳くらいからスキーはしていたみたいです。小さくてて正確には覚えてないですが・・・。
丁度スノーボードバブルの時ですかね?
お兄ちゃんがスノーボードショップで働いてて、「やってみるか?」ってなってスノーボードデビュー確か10歳頃にデビューしました。
スキーと全然違って滑れなくてやりたくないって言って泣いていたのを覚えてます。
その時代はキッズのスノーボードレンタルなんてないんで、Burtonの110cmの板を買ってもらいました。
高価な物をワザワザ与えてもらって感謝してます。

news160718a

>>>> 続きを読む

トップ選手から一般スノーボーダーのコーチングで大活躍!/阪西 翔

 

今回は、オリンピックを目指すアスリートから一般のスノーボーダーまで幅広くコーチングし、とても評判が高いスノーボード・コーチの阪西 翔が登場!

岡本圭司でお馴染み、HYWODで活躍したライダー時期を得て、現在はライダー活動も行いつつコーチングに力を入れている。
阪西 翔にコーチング受けるライダーは、藤森由香、広野あさみ、稲村 樹、稲村 奎汰、平岡敬太朗、相澤亮、相澤真央、村瀬心椛、芳家祐里、芳家里菜、大橋陸飛とひじょうに多く、見ての通り五輪出場候補がズラリ!
2シーズン後に迫るオリンピックに向けて、キーパーソンとなりそうなコーチング活動だ。

そんな翔さんに、コーチになったきっかけ、またコーチとして大事にしていることを伺った。
目からウロコが出るようなコメントも飛び出しそうで、楽しみ!

news160710e

インタビュー: 飯田房貴

――ライダーだった翔さんがコーチになったきっかけは?

阪西:きっかけは神戸KINGSでスタッフとして働き始めたことです。
当時はあまり理論なども発達していなくて神戸KINGSの社長やケイジ(岡本圭司)たちとあーでもないこーでもないと どうやったら上手くいくのかを日々考えて試していました。
その試して良かったことを神戸KINGSのお客さんに伝え始めたのがきっかけで、僕のコーチとしての原点です!

――翔さんのスノーボード理論はKINGSか生まれ、現在コーチングしているJapan Park Schoolでは、レッスン終了後にその日のレッスンの総評シートが手渡されると聞いていますが、どんな内容なのですか?

阪西:スノーボードのできる動きにフォーカスした基本的項目とスピンの基本となるライン取りの動きをメインにしたチェックシートになっています。
やはり基本あっての応用なので、チェック項目を意識してこなすうちにスピンのための土台が作られていく内容です。

news160710b

 

>>>> 続きを読む