Category: 日記

【フサキ日記】大人になった童夢に感動

 

 

成田童夢が出演した「しくじり先生」を見ました。

news161215l

童夢は、子供の頃から知っていました。
最初に彼を知ったのは、確かウェイクボードで頑張っている姿のテレビ番組です。
泣きながら過酷な練習をさせられ、厳しい父親に育てられている姿が印象的でした。

彼はモーグルスキーヤーとしても活躍しますが、スノーボーダーとなってからは、ウィスラーにも来たのでその頃の少年、成田童夢も覚えています。
また、彼がワールドカップで優勝したブラッコムの大会も取材しました。

当時、童夢は多くのメディアに囲まれていました。多くのメディアは童夢に注目していていたのです。
というのも、なになに新聞という大手新聞社の方は、ワールドカップに取材する歳、スノーボードに関する知識はズブの素人でやって来ます。スノーボード界で活躍して来た若者(選手)にとっては、新聞社から受けるわからんちんの質問に答えようがなく、むっすり。相手にしないというところもありました。
だけど、童夢は当時スノーボードのメディア中心だったスノーボード専門誌がフューチャーした存在ではなく、突如現れたようなスノーボード選手。スノーボード専門誌とは裏腹に、新聞社への対応は良かった。だから、童夢中心に一般メディアからリリースされることが多かったのです。

しかし、そんな童夢は当時のナショナルチームの選手たちから、嫌われているところがありました。
スノーボード界で育ったライダーたちにとっては、童夢というのはあまりにも異質で、わけわからない存在だったのです。
実際、彼のビックマウスやパフォーマンスは、その大会現場に合致せず、周りを引かせるところもありました。
あんなに叫んでパイプにドロップインして、周りの外人選手や外国メディアからしても、あいつはクレイジー!?という感じでした。

news161215m
(この写真は、童夢がW杯で優勝した時に撮影。あの時の童夢は、今で言う神ったようなパフォーマンスでした。)

僕にとって、最も印象的な成田童夢というのは、いっしょに行ったニュージーランドの撮影です。
スノーボーダー誌のハウツー雑誌の撮影、N編集者さんと行った時のことです。
よっぱど厳しい父親から解放されたのが嬉しかったのでしょう。彼は、めちゃくちゃに弾けちゃいました(笑

日中撮影が終わって夕食の後、ワナカの街に繰り出して、その日に出会った日本人スノーボーダーと楽しんでいました。
みんな、「わっ、童夢くんだ!」って喜んで。気さくな童夢はいっしょに飲もうよ!って感じで騒いで。
今だからこそ言えるけど、ホテルの中でスケートして窓ガラスを割う騒ぎを起こしていましたよ。

だから先日、東スポで最近のナショチ禁煙騒動に偉そうに語る童夢を見て、「そんなこと言えるんかい!」っと思わず突っ込みそうになりました(笑

それだけではありません。僕とN編集さんが帰った後、童夢は数日ニュージーに残っていたのですが、その時、お風呂の泡立ちバスを楽しんで、調子に乗ってお湯を流しっぱなしにしちゃったのです。そのお湯は溢れて下のフロアにまで流れてしまうという騒動もありました。

父親から解放された弾け過ぎた童夢の姿を見て、お父さんよっぽど怖いんだな、と思いました。

あの時、童夢はラップの歌詞も考えて自身のノートに記していました。そのフレーズや高い声の歌いっぷりが、おかしくておかして。腹を抱えて笑わせてもらいました。現在、彼がテレビでも活躍する片鱗を見せてもらいましたよ。

まあ、あのまんまの性格ですから。スノーボード・メディアやスノーボード・メーカーからは疎んじられているところはありました。当時のスノーボードのメディア・リーダー、トランズ誌など、童夢をとりあげることはほぼなかった。スノーボード・メーカーも五輪後に彼に声を掛けることもなかったようです。

だけど、しくじり先生番組の最後、彼は真剣に言ってましたね。
「お世話になったスノーボード。今度は恩返ししたい。」と。

この発言に、僕は完全に気持ちよく裏切られました。
というのも、この番組を見る前、まあ有名人だからこうしたテレビに出れてラッキーだったな、ぐらいな感覚だったのです。

でも、彼はしっかりと厳しいお父さんを受け入れ、大人になっていました。
様々なしくじりを得て、成長した童夢の姿に感動しました。

また、童夢といつかどこかで。再会することを楽しみにしているよ!
何か相談あれば、いつでも連絡してくれ。

 

【フサキ日記】お父さん稼ぎ時!

 

僕のスノーボードの仕事は、こうしてDMKサイトの運営をすること、またWestbeach、Sandboxなどの海外のスノーボード関連ブランドの代理店業務をサポートすること。日々のコミュニケーション連絡、さらには新しいブランドを見つけたり、プロモーションをすることも!
あとは、プロ・ライダーの写真を撮影し、それをスノーボード雑誌で使ってもらったり、カタログで使ってもらったりうという仕事も時たまやります。

だけど、冬場のメインの仕事は、ウィスラー、ブラッコムのイントラ。
日々、イントラをしながら、密かに(?)自分のスノーボーディングを楽しんでいます(笑
特に今日はパウダーもあり、楽しかった!!

news161212d
(昨日のハッピー生徒さんたち。)

先月23日にオープンして以来、ほぼ休みなしで滑っていて、確か山に行っていないのは2日間だけかな。

で、今、自分のスケジュールをチェックしたのですが、凄い事実が判明しました!
なんと、12月の残りの休みは3日間しかないです。
どんだけ滑るんだ!って感じですね(笑

きっと年始も山に行きっぱなしという状況になると思います。

そう、お父さんの稼ぎ時!
ウィスラーのスノースクールに感謝。
また世界からやって来る生徒さんに感謝。

プロ・スノーボーダーは、カッコいい写真や映像を残したり、または大会で活躍するのが仕事だけど、僕は日々レッスンを通して、スノーボードの魅力を伝えるのが大きな仕事の一つになっています。

 

【フサキ日記】14歳の少年はなぜエメラルドチェアから落ちたのか?

 

まずは、この衝撃的な映像をご覧ください。

これは先週末のウィスラーで起こった事故。
ウィスラーでも最もメインと言ってもいい多くのスキーヤー、スノーボーダーが乗るエメラルドチェアから落ちました。
僕も毎日利用するリフトです。

なぜ、こんなことになったのか?

リフトの安全バーを下げなかったからです。
この安全バーを下げずに、何らかのアクシデントにより、少年はリフトから落ちそうになりました。
突然リフトが止まったのか、少年が悪ふざけしていたのかなど、くわしいことは知りません。
現時点では、不明とのことです。

だけど、安全バーを下げなかったことは伝わっています。

少年は、固く凍ったチェアに指を引っかけて、なんとか耐えたそうです。
どれだけの時間耐えたのかわかりませんが、相当大変だったハズ。
レスキューが駆けつけ、我慢できずにすぐに落ちたのかもしれません。

レスキューする方は、火事の時に使用するマットを用意しました。
しかし、8メートル落下した少年の重力に耐えられず、少年は腰を痛打。腰の下部を怪我してしまったのこと。
せっかくの楽しい週末のスノーボードが、悪夢の事件となってしまいました。

 

【フサキ日記】イントラの必需道具

 

僕は普段ウィスラーで、アルパインのレッスンと言って、すでにターンができる生徒さんを受け持つことが多いのだけど、時にベース・レッスンと言って初心者を受け持つこともあります。

そんな時に役立つのがコレ!

news161203e

イントラの必需道具と言ってもいいでしょう。
1つは、携帯用のワックス。もう1つは、このドライバーです。

このワックスは、僕が長年お世話になっているマツモトワックスから発売しているもの。
雪が板のベースにくっついてしまうような厄介な日には、もの凄く役立ちます。そして、他のイントラも時々、僕のものを貸しますが、みんなよく滑ると喜んでくれます。

海外にもこうした携帯用のワックスが販売しているけど、どうやらマツモトワックスには敵わないようです。

そして、もう1つのこのドライバー。

news161203f

バートンから発売しているのですが、これも調子いい。

何がいいって、サイズです。
どっかのメーカーのようにTの字になっていなくてかさばらない。この棒のよう形になってポケットに仕舞えるところがいいのです。しかも使い買っても抜群にいいです。

世の中にはアンチ巨人のように、アンチバートンのような方もいますが、なんだかんだ言ってさすがリーディング・ブランド。こんなところまで気を配って良い商品を作ってくれているのですね。

 

【フサキ日記】人生で一度もスノーボードをしたことない方へ ウィスラーが素敵な取り組み!

 

ウィスラー開幕から9日目。昭和43年生まれもうすぐ48歳のお父さん、本日もレッスン頑張りました!
これで連続滑走日数も9日目になりました。身体がバッキバッキになって来たけど、明日も頑張るぞー!!

news161202f

ところで、来週末の土日の2日間はウィスラー・ブラッコム主催によるネバー・エバー・ディズが行われます。
これは、これまで一度もスキーやスノーボードをしたことがない方に向けて、レンタル&レッスンをほぼ無料近く(※25ドル)でご提供。なんと、450人もの大人対象です!!

news161202g

素晴らしい試みですよね!
これが始まってから、かれこれ3年目でしょうか。
こうした取り組みは、本当素晴らしいと思います。

昨今、いろいろな楽しみが増え、なかなかスキー場に足が向かないというような状況もありますが、改めてスキー場のポテンシャル、冬自然の魅力を伝える取り組みです。

スキー、スノーボードは、ライブ・コンサート、映画館、プロスポーツ観戦のように、2時間ほどだけしか楽しめるものではなく、朝から夕方近くまで!長ーい時間楽しめるアクティビィです。

これまでスキー場に行ったことがない若者、そしてご年配者の方も、ぜひこれを機会スキー、スノーボードを楽しんでほしいと思います。

また、日本でもこうした活動が広がるといいですね!

 

【フサキ日記】今季のマイ・グローブはTransform GlovesのThe Possum Torr Pro Model Gold

 

今季の僕のグローブは、Transform GlovesのThe Possum Torr Pro Model Goldです。

news161201h

カッコいいでしょ?

これは、Transform Glovesのプロ・ライダーのポッサム・トアのシグネチャー・モデルです。

ポッサムは、スノーボードもうまいけど美人ライダーでもあります。

Transform Glovesは、イギリス生まれのコア・ブランド。
小さなカンパニーなので、それぞれのモデルの販売数は少なく、ヨーロッパではすでに売り切れ。日本はどうだろう?もし、あったらラッキーです!

このスマートな印象のネコちゃんのデザインがよく、時々レッスンしていて女性の生徒さんから「可愛いね!」と言われます。

news161201i

初心者レッスンで横滑りで生徒さんをサポートする時、もしかしたらこのデザインが、リラックスを与えているのかも!?

ミトンなので温かく、中は五本指に分かれているので、機能的。バインディングの締めも問題なくできますよ。
先日、カナダのあるブランドのレップの方と、たまたまリフトで乗り合わせのだけど、このブランドのことを高く評価していました。小さいけど、ライダーズ・ドライビング(注:ライダー主導で物事が生まれる。)で、細かいところに気を配られている。デザインもいい!と。

特にその方が評価していたのは、この手のひらのゴム素材のところ。
これでエアートリックしている時、ボードがグラブしやすいって。

news161201j

確かに!

このグラブをして、カッコいいインディ・エアーを決めなきゃ!と思いました。
30年のスノボ人生で一度もカッコいいインディを決めた記憶ないけど(笑)
このグラブ・マジックで今季こそ!

 

【フサキ日記】Spinyライダー荒川優希と撮影

 

ウィスラーがオープンして6日目。
オープン初日から連日レッスンして来ましたが、今日は、以前からオファーをもらっていたSpinyライダー荒川優希と撮影して来ました。

news161129e

優希のスポンサーショップであるSpinyのオーナーは、かつてハーフパイプの選手としても活躍したコジロー。彼とは以前、ブラッコムで撮影し、またDMKキャンプでもコーチングしてもらった縁もあります。

コジローと知り合ったきっかけは、当時同じくハーフパイプで活躍していたプロ・ライダー加藤高正の紹介。
あれは、15年ほど前だったでしょうか。

ずいぶん前のことけど、そんなコジローのショップの若手ライダーの優希と撮影できたことは、この業界に長く携わって来たから得た機会だったように思います。

news161129f

だけど、僕が優希を知ったのは、コジローからの紹介ではなく、僕が一昨年、東京で臨時講師していたヒューマンアカデミーなんです。彼は、僕が教えていたスノーボード・ビジネス、ヒストリーの生徒だったんです。ろくに授業を受けていないような印象もありましたが(笑)、テストは満点で優秀でした。

そう、だから僕にとっては教え子という関係でもあります。

今、優希はO.N.E.shred crewというチームで活動していて、撮影を頼まれていました。
O.N.E.shred crewは、snowboardingがよりクリエイティブに、楽しいlifestyleになるように活動中。

oneshredcrewFacebookページ
https://www.facebook.com/ONE-SHRED-CREW-1494318004204781/

さらにくわしいことは、今後DMKの記事の中でも紹介できたらと考えています。

 

そんな優希との撮影は、天気もまずまず、雪もなかなかという状況でできました。
今日撮影した写真は、いずれO.N.E.shred crewで紹介されると思いますが、こんなパフパフの写真も撮れたのでちょっと紹介しますね。

news161129g

事前に思い描いた通りのことがうまくできなかったりなど、まだまだ課題は残したけど、今日の経験は優希にとって良い肥しとなったと思います。
できなかった悔しさは、今後に必ず活かされて、また良い写真を残すことができるでしょう。

僕も久しぶりの撮影で、とても楽しかったです!!

news161129h

 

 

【フサキ日記】本日ウィスラーがオープン!

 

2016年11月23日。本日ウィスラーがオープンしました!!

予想されていたとは言え、ゴンドラの列もの凄いことになってしまいました。
バス停から、そのままゴンドラ乗り場まで列がつながっていたのです。

オープンディ、早々にレッスンが入ったお蔭で、僕はスキースクールの特別ラインから上がることができ、幸いにもリフト待ちなし。

また今日受け持った生徒さんもゴーゴータイプでレッスンよりも滑りたい!という方だったので、ともかく滑りまくり。

だいたい初滑りというのは、3、4本滑ったら切り上げるのですが、お蔭で今日は9本も滑ることができました。

ああ、ふぅって感じの良い感じの疲れ。
毎日一本飲むビールも、今日は一段とおいしく感じました。

明日は筋肉痛間違いなし!!

以下、本日の動画をアップしたので、ぜひご覧ください。

 

 

【フサキ日記】今季のヘルメットはこのSANDBOX

 

ケビン宅=サンドボックスのカナダ・オフィスに行って、ヘルメットをいただいて来ました。
ウチとは目と鼻の先、歩いても5分ほどのご近所さんなんです。
だから、普段仕事で何かあると、すぐに寄れることがあって便利です。

今季、自分のヘルメットにしたのは、このカラーです。

news161121a

普段、ウィスラーでレッスンすることが多いので、生徒さんに見つけやすいようにこのカラーに決めました。

news161121b

最新モデルは、通気性も良くなっているので、さらに使い心地は良さそうですね。

>>>> 続きを読む

【フサキ日記】Westbeachミーティング

 

Westbeachセールスミーティングに来ています!

news161109d

来季さらにパワーアップした商品を見ながら、日本のWestbeachファンの方が喜んでいただけるように、話し合いをしました。本社サイドは、いつも日本サイドの意向を取り入れてくれます。

news161109e

ミーティングルームには、僕も90年に出場したウェストビーチクラッシクの写真も飾っていました。
あれから25年も経って。今でもこの業界に生き、Westbeachに関わることができてありがたく思います。

スノーボードの神様に改めて感謝。

news161109f

 

【フサキ日記】絶好調!11月中旬に開きそうなウィスラー

先日のフサキ日記でもお伝えしましたが、ウィスラーの降雪が止まりません。
日本でも北海道はかなり降ったというし、本当に良いシーズンを迎えそうですね。
ウィンター・ビジネスもかなり元気になりそうで、楽しみです。

ウィスラーでは、ビレッジのレベルでは、毎日雨が降っていて、朝起きると「また雨か・・」なんて思いますが、同時に山では降り続けているので、来るべきシーズンに向かって辛抱。最近、青空をほとんど見ていないけど、これぞこの時期のウィスラーという感じでもあります。

で、まずはこの山の上の最新動画をご覧ください。

そう、山の上では凄いことになっているのです。撮影は、18日に行わてましたが、この後も毎日降り続けています。
ここまで来れば、当然、スキー場のオープンは問題ありません。
今、山ではゴンドラの点検など、オープンのための用意が急ピッチで行われているようです。

予定では、11月24日(木)にオープンですが、例年通り1週間前には間違いなくオープンするでしょう。
さらにもっと早くその前の週の月曜日には空くかも!?という話も出ています。

先日僕のオープン予想日は、11月17日(木)ということでしたが、この状況を考えて改めて変更。
11月15日(火)にオープン予想とします。

僕は冬の間はスノーボードのインストラクターも行っているので、今日はユニフォームを取りに行って、自分のロッカーの場所など確認して来ました。

さあ、ボードにワックスもかけて。準備して行くぞ!

【フサキ日記】SNOWING!!!

 

こりゃあ、テンション上がるね!
ビレッジにSNOWING!!!です。

ここのところ山の上では毎日雪で。
今日も降りまくり。明日はどんな景色が待っているんだ!?
朝起きるのが楽しみです!

Snowing in the village today !!! @Whistler