Category: 日記

泣けた

ムラッチョから教えてもらた動画ですが、これは泣けました。

このゾウさんファミリーがウチの家族構成と同じで。
息子とのキャッチボール風景や娘との肩車風景、またお風呂のシーンなど、自分のファミリーとダブるところがあって・・・。

お父さんは、お前たちが一人前になるまで決して死なないぞ!(笑

夏のウィスラー・マウンテン

今日は、ママ仕事で子供たちを見てあげれないと。
さっさと、どこかに連れて行け!ってケツを叩かれました。

それで、冬のシーズンパスがあれば、山に上がることができる!と聞いて。
え、マジ!?と思いながら、
ともかくおにぎりを持って、上がってみました。

夏のリフト代は、なんでも40ドルとか50ドル掛かるとか、聞いていたのですが、
なんとシーズンパスを持っていたので、フリーで上がりました。

上がってみると、涼しい風がありました。
上では、気温が20度に満たないほどで涼しかったです。

ピークチェアは、怖かったですねえ。
雪がないピークって、なんか怖い。元々高いところが苦手ってこともあると思いますが。

雪も一応、残っていたけど、年々万年雪グレーシアは減っていて、まさに地球温暖化を感じます。

子供たちには、ちょっとしたハイキングも経験させてあげることができて、良かったです。

帰りはウィスラーからブラッコムまでピーク・トゥ・ピーク・ゴンドラで。
ブラッコムの方から降りました。

この動画凄い

シュウくんのブログで紹介されていたけど、
この動画凄いですね。

これだけ、身体能力があったら、スノーボードを始めてもすぐにうまくなれそうです。

こんな感じで東京の人ごみの中、通勤したら目立つし、カッコいいだろうなあ。

実際、この人たちは、こんな感じで普段から街を歩いているのかもしれません。

以前、マーク・アンドレ・ターレが、町の中をフリースタイルに飛び跳ねるようにして移動するスポーツがある、と聞いたけど、もしかしたらこれだったのかもしれません。

しかも、これ競技にもなっていたなんて(以下、動画)
ビックリです!
 

スタンレーパークでサイクリング

週末はバンクーバーの方へ。
最後の夏休みホリデーとなりそうです。

昨日は、バンクーバーにある巨大パーク、スタンレーパークへサイクリングに行きました。

何度も行っているスタンレーパークですが、家族でサイクリングしたのは初めてのことです。

きれいな森や海、そして野生の動物なども見ることができて、とても楽しめました。ここは世界でもナンバー1のサイクリング・スポットかもしれませんね。そう思えるほど気持ち良い時間を過ごすことができました。

毎年、カナダ・ウィスラーでスノーボード・キャンプをやっているのですが、来年はぜひスタンレーパークでレンタルしてサイクリングをしたいなあ、と思いました。


いつもマウンテンバイクに乗っているママはホリデー気分でビーチバイクをレンタル。


スタンレーパークに白鳥までいるとは知らなかったです!


なんと狸まで登場!この野郎たちがいきなり走って迫って来た時にはビックリさせられました。


噴水の池の前で記念撮影です。


今日は水上タクシーに乗って、フィッシュマーケットやアートでも有名なグランビルアイランドに行きました。

女性はコミュニティ派?

本日のニュース、ニキータのフラッグショップ情報。

http://www.dmksnowboard.com/news/

このニュースを上げて思ったのだけど、ここのライダーはとても多いです。

なんと総勢72人も!
自分の大きめのPC画面でもスクロールしないと収まらないほどいます。

それで全ライダーのプロフィールページで写真まで丁寧にアップしているんだから、本当にマメですね。
女性ならではのマメさという感じがします。

以前、NOMISでチームマネージャーをやっていたテネヤという女性も、やたらにライダーを入れる傾向が強かったですね。あの当時、一気に7名ほどの女性ライダーを入れたと思います。

女性というのは、男性以上にコミュニティ性を重視するのだと思います。

ユキエちゃんのリルのサイトを見ても、メチャクチャにライダー多いですね。

http://www.lilroom.com/

トップページには21名ものライダーの名前と写真が出ています。
もうリルには出ていないライダーもいるようだけど。

このことも女性がコミュニティ性を重視する例かもしれませんね。

一方、最近、立ち上がったVIVOヘッドウェアーは少人数制です。
グローバル的のスノーのライダーには、忠くん、ジーバス、MFRの3人。

男性のビジネスのやり方は、キーとなるライダーをドカンと立て、「どーだい、カッコいいだろ。」っていうやり方。

女性の場合には、もっと口コミ力とか、コミュニティ性を大事にするから、どうしてもライダーが増えていってしまうのか、と思います。

ちなみに僕のブランドの育て方は、エース&4番打者のような存在が絶対にいること。
あと、そのブランドを守り立てる3番や2番、1番という役割も必要ということになります。

NOMISはその点、理想のブランドです。
シモンがエース、その他にデレック・デニソンや日本ではゆっちもいます。
贅沢言うと、3番打者がいない。かつてのラウリ・ヘイスカリやジョー・セクストンのような存在です。
そう言った意味では、ゆっちやレイカがグローバル・レベルに育つと言いと思います。
特にゆっちは、今、その最右翼では、と考えています。

VIVOも結構、良い方向ですね。
4番の忠、3番打てるMFR、ジーバス。
スケートでも良いライダーがいるし。

話はどんどん反れて恐縮ですが、各ブランドのライダーの4番や3番を探すと、そのブランドのポテンシャルが見えて来るかもしれませんね。

ハートフィルムのミニ試写会

昨夜は、ハートフィルムの関係者内行うミニ試写会に行って来ました。
 
昨今、スノーボード・ビデオと言えば、トリックを見せる、ということが主眼になりがちだけど、この作品はスノーボードが本来持っている雪山で遊びという要素が全面に出ていました。
 
「作ったキッカーで飛ぶなら、パークで飛ぶ」
 
という忠くんの言葉のように、自然な姿の形のままの山を、まるでストリートのようにガンガン遊ぶというもの。
 
まさにディス・イズ・スノーボーディング!という作品。
 
発売が待ち遠しいですね。オススメです。
 

写真左から、ハートを陰ながら支えるユウホ
地元のスノボ・ショップで働くマキちゃん、
編集を行うタロウさん、
そして忠くん。
 
 

ハートの仲間との飲み

またもや、いつもお世話になっております、ヤマさんハウスで、
ハートの仲間たちと、飲みました。
昨日も、結構、飲んだようだけど、今回は記憶があります(笑

忠くんとは、どうしてもスノーボードの会話が盛んになります。

昨日は、忠くんが好きなライダーの話になり、

DCP、ギギ・ラフ・・・など、が好きと聞き。
だけど、意外にアメリカ人で好きなライダーいないねえ、ということになり。

でも、僕が「いるじゃん!トラビス・ライス。」

「ああ、トラビスはカッコいいね」

と、忠くん。

忠くんは、最近、流行っているジブ系のライダーよりも、生粋のスノーボーダーという感じでライディングがしっかりとできるライダーが好きなようでした。

帰り際のことだけど、ケイジくんだったか、誰だったかが「あ、アライグマだ!」と。

みんなで「マジでー!」って、見たら、本当に道路脇の管に入っていたんです。
それをケイジくんが、僕のカメラを持って、見事なシャッターチャンスでパチリと撮影。

「うわあ、ちょうど向かって来て怖かったあ」

と言いながら、撮った写真が以下ものです。

凄い写真だね。

忠くんがビボに参加!

今日のニュースでご紹介したように忠くんがビボに参加しました。
とても嬉しいです。

思えば、先日ハートフィルムのノブくんが、忠くんも飲みに誘ってくれたから、実現できたのだと思います。

ノブくんに「久々に飲もうよ」と話して、実現した飲み会。
そこに忠くんも来てくれて。

その時に、かなり熱く語ったのです。

「忠くん、若いブランドを応援してほしい。」と。

自分のどの言葉が説得力があったのか、よくわからないけど、忠くんはその時

「フサキさんがそこまで押すのであれば、参加するよ。」

というようなことを言ってくれました。ほぼ即答に近いようなやりとりでした。

だけど、それから実際に契約するにあたり、世界の布施忠だけにいろいろ大変な苦労もありました。

実を言うと、以前にもこんなことがあったんです。何のブランドかは、あえて言いませんが(笑

だから、今回も難しいなあ、と思っていました。

だけど、ニュースにあったように、昨日、実現したんですね!本当、嬉しかったです。

忠、ジーバス、マリー。こりゃ、凄いことになったぞ。

忠くんを引き入れた以上、責任持って頑張るぞ。
忠くんの心意気に負けないように、パワーガンガンで行かないと。

嬉しいから、今夜も忠くんと飲みに行こう!

 

笑い過ぎるビデオ!?

以前、Nomisのレップをやっていて、現在、他のハイエンド・ブランドのレップをやっている友人、チキンからおもしろい動画が送られて来た。

チキン曰く、笑い過ぎるから職場では見れないよ、とのこと。

どうでしょうか?