Category: 日記

ごちそうさま!

日本に来てから、なかなかしっかりと眠ることができません。
時差ボケということもあるのでしょうが、それ以上に脳が興奮しているのだと思います。
カナダの大自然に囲まれたところからやって来て、日本の都会に行き、毎日、いろいろな人に会って、そこで刺激され、考えごともいろいろ出て来て・・・。
 
昨日は、インタースタイル初日で、家に帰ったら、どっと疲れたけど、それでも3時間ほどしか寝てなかったような気がします。
 
そこで今朝は早くから、近くの土手でインラインスケートに行きました。
 
土手に行くと、朝早くから様々に活動している人に出会います。
 
小学校ぐらいの女の子がお父さんとジョギング。小学生ぐらいの男の子はお父さんとノックの練習。小学生ぐらいの男の子が一人でサッカーのドリフトをしながらジョギングしていたり。おじさんおばさんのグループが太極拳をやっていたり。
 
みんな朝日を浴びながら、今日も健康に元気な一日を!そんな気持ちで運動しているのかな、と思いました。
 
僕はリラックスしながらインラインして、朝の新鮮な空気をいただくのです。そうすると、だんだんと元気になって来る自分を取り戻します。元気にしっかりと日中活動すれば、夜もぐっすり眠れるに違いありません。
 
空気、ごちそうさま!
 

インタースタイル搬入日

昨日はインタースタイルの搬入日でした。

ちょっと電線コードの扱いに戸惑ったけど、NOMISスタッフのタツヤを先頭にして、ブースを作り上げました。

そして、帰りはミーティングをかねて、焼き鳥やで一杯。

さあ、本日からインタースタイル開幕です!

NOMISジャパン・オフィス

僕の日本の職場。秋葉原の方にあります。

本日は、遅出勤でしたが、着こなしコンテストに参加した方たちへ感謝の気持ちをこめて、参加賞の発送作業。コツコツと宛名書きをしました。

あとは、ムラッチョ、タツヤとちょっと会談。

普段は、カナダの自宅の一室でコツコツとやっているけど、こうしてNOMISジャパン・スタッフといっしょに仕事をしていると、楽しいですね。

さあ、今日はインタースタイルの搬入日です。


フサキ特設席


左、タツヤ、右、ムラッチョ社長。

ライオと久々に

一昨日、日本に到着!
昨日は、もう20年来の盟友もであるローニンショップの左氏(さし)さんのところへご挨拶へ。
ここ数年は、ずっと子供もいっしょで、なかなかお話する機会がありませんでした。だから、話はついつい長くなります。

ショップでは、Nomisを着たお客さんがやって来て、その間にもLandingが、Vivoが売れていき。嬉しかったです。
もちろん買っていただいたお客さんには、「ありがとうございました!」と伝えました。

ショップの前で、なおも話を続けていると、向こうから懐かしい面々が登場。
ライオや中井くん、しぶちんです。

「おー、久しぶり!」
「おー、フサキさん来ていたんですか!」

ちょうど、みんなレッドアイのプロモーションで店を周っていたのです。
だから、ビジュアルイメージの小川さんもいました。
そして、ライオは、中井くんサロモン入りのご挨拶もあったのです。

「ちょうど終わったところなんです。フサキさん一杯行きましょう。」
「いやあ、昨日、日本に付いたばかりで体調ももう1つだし。」
「何言ってるんでか。行きましょうよ。」
「うーん、お腹も調子良くないんだよなあ。」

横で左氏さんが。
「フサキ、なに子供みたいなこと言っているだよ。」

「まあ、そんなに誘っていただいて、行かないわけには行かないですね。行きましょう!」

ということで、飲み会。

もちろん、一杯で終わるハズはありません。

そして、このメンバーが集まれば、もちろん話題はスノーボードの話題。
こういう時は、僕もスイッチが入って、熱く語ります。

そして、3杯ほど飲んでほぼダウン状態でした。

帰りは、お酒を飲んでいなかったライオに車で送って行ってもらいました。

32、ステップのムービー

本日のニュースでも紹介されているように、32、ステップのムービーが遂にアップされました。

http://www.dmksnowboard.com/news/

プロデューサー、ショーン・ジョンソン。
スノーボード界では、世界一のプロデューサーであり、プロモーターであると思います。

少ない予算をうまく使って、メディアを味方に付けて、自分のブランドを売り出す。

決して、自分だけの利益ではない。今回は32という仲間を引き寄せています。

世界ナンバー1専門誌のトランス誌にしても、ヨーロッパ誌ナンバー1の専門誌のヨーロッパ誌にしても、この作品をいち早くリリースできるという特権があり、一生懸命に宣伝してくれます。

32とステップにとっても、このプロモーションは、計り知れないほど大きいでしょう。

ショーンの凄いところは、そのライダーを選択する辣腕ぶりにも現れていると思います。

今回出演するライダーの中には、シモン、JP、ジョーにも負けない実力者が多いです。

しかし、シモン、JP、ジョーには、他のライダーを圧倒するスター性があります。だから、この3人を前面に立たせた作品を作るし、ステップの売り込みもこの3人がメインです。通常、このような地位にいる人は、なかなかそこまでできるものではありません。ライダー露出のバランスを考えてしまうものです。

でも、元々、ライダーであり、撮影先駆者であり、何よりキレ者のショーンだから、そこは容赦なく、ぶった切って、この3人を前面に押し立てるんですね。大したものです。

分野は違いますが、プロ野球で野村監督が、ある駒(選手)で見事な戦略を立てることで有名です。
ショーンは、それに近いような仕事をしているところがあります。
少ない予算でもバートン、フォーラム、DCらと、台頭に戦っているというところがありますね。
きっと使える予算は、他の大御所プロダクションよりも圧倒的に少ないハズですが。

だた、野村監督と違うところは、スターを引き寄せる魅力があるところ。
多くのライダーに、ショーンと仕事をさせたい、と思わすカリスマ性があります。
そういった部分では、長島監督っぽいところもあるのかな、と思います。

ともかく、今年のショーンの作品。
日本でも最も注目を浴びる作品になるのではないでしょうか?

素敵な着こなし娘

第2回 Nomis着こなしコンテスト。始めた時は、あまりエントリー者がいなくてどうなるのか?と思いきや、なんとか集まってくれました。

今日アップした最新の着こなしエントリーさん。可愛いですね~。
こんな子出したら、反則です。可愛さで票が入ってしまいそうです。

 

それにしても、こんな着こなしがあったとは、目からウロコです。

いつもdmkにいろいろアドバイスを送ってくれたり、レポートなどを送ってくれるグチさんパパからの投票でした。

「じっとしてるのが難しい年頃になりましたが、やっとまともに撮らせてくれました。
プールや海の行き帰りなんかは大活躍でした。頭から被って後ろで洗濯ばさみで留めるだけなんで。
子供ですけど更衣室までいかなくてもタンクの下でパンツ履き替えできるし。
歌番組なんかTVで入れば、誰かの真似で衣装として着て踊ったりもしてますよ。
保育園終わってからの夕暮れの散歩ではリフレクターのように光るので目立って安全です。」
 

頑張れダンくん

カナダ・ウィスラーにやって来たダンくん。16歳。

本人曰く、今はこの動画の時よりももっとうまくなっている自信があるとのこと。

ウィスラーに来たのは、福岡のビッグエアーの閉鎖による影響が大きかったようです。

これからスノーボードを真剣にやっていく上で、csbaに来て、シュウ先生のコーチングを受ける決心をしたとのこと。

nomisでも応援しているミヤビちゃんのママのアドバイスも大きかったようです。

スノーボードに
勉学に
そして何より人間を磨かないと!

世界を目指して、頑張れー!

リル

日本からリルの最新作、エメラルドキッスが送られて来たので、早速チェックしてみました。
 
 
冒頭は、おおー!いきなりこずもの登場です。カッコ良かったです。
自分も目の前で見て撮影していた、ブラッコムのパークの360のシーン。
ジブもスタイリッシュだし、改めて成長したこずもを感じました。
 
次のセクションは、若手が登場。
ここに14歳のAYE SATOという子が出るのだけど、スノーボードがうまいです。この若さでこの実力だから、将来日本のガールズシーンを背負って行くかもしれませんね。
 
真ん中あたりで、新川知恵美がいきなりフリップ。この子は身体能力あります。
そして、そのまま同じ音楽で、レイカに流れます。
 
レイカは、このリルの中で最も良いパートを残したように思いました。
特にジャンプのシーンがカッコ良かったです。
 
リルにこずもとレイカが加わったことで、この作品に実力系という印象を与えたようにも思いました。
 
レイカもこずも同様にブラッコムのシーンが多かったのだけど、あの撮影ではそれほど日数があったものではありません。
だから、本気でシーズン通して、こずも&レイカをウィスラーで撮影したら、もっと良い画が集まるだろうなあ、と思いました。
 
もちろんそれは彼女たちの活動の関係で難しいけど、改めてもっとこずも&レイカをもっと撮影したい、と思いました。
 
この後、やや後半に入るところでユキエちゃんが登場します。
毎年リルでは、ユキエちゃんのフリーランのうまさを出すパウダーシーンが出ますが、今年は雪不足ということもあったのか、寄り画が多く、引きのダイナイミックな画が少なかったのが、ちょっと残念。
 
そして、トリはサチちゃん登場です。
サチちゃんは、やはりオーラというのがあるのだと、と思います。
ライダーとして華がある存在ですね。だから、今回トリになったのでしょう。
ケガをした後でよく頑張ったと思うけど、一発で良いので、トリらしい凄い画が残せたら、と思いました。
 
 
リルの作品で良いところは、チーム色がしっかり出ていて、冒頭の作り込みなどちゃんとやっているところ。
また、視聴者のニーズもしっかりととらえているな、と思います。
 
今季もこのビデオは人気が出そうです。
スノーボードを頑張っている女の子に、ぜひ観てほしい作品です。
 
ボンちゃん、今季も編集おつかれさま!
 

NOMISホープ先生ダンス・シーン

ダンサーであり学校の先生でもあり、
そしてdmkクラブ員で
スノーボードのスタイルは、カーバー(カービング派)という
ホープ先生から、
NOMIS着ているダンスシーンの写真が送られて来た。
 
いつもPRしてくれて、ありがとう!