Category: 日記

【フサキ日記】CPI SNOWBOARD BOOK 17/18 到着

 

楽しみにしいたCPI SNOWBOARD BOOK 17/18が、到着しました。

このスノーボード・ブックは、CAPiTAやUNION BINDINGの代理店であるカスタム・プロデュースからリリースされたものです。

内容の方は、カスタム・プロデュースのディスリビューション・ブランドのカタログ、広告と言った感じですが、このボリュームある感や紙質も含めてとてもカッコいい。
そして、なんと言っても読んでみたかったのは、10年に一人の逸材と言われる日本人ライダー、布施忠と國母和弘の対談です。

>>>> 続きを読む

【フサキ日記】やばっ!今季のウィスラーの早割りシーズンパス9月4日までだ!

 

例年、ウィスラー、ブラッコムの早割りシーズンパスは、10月のはじめの方に締め切りだけど、なんと今季は9月4日までだ!
やばっ、必要な人はもう買わないと!!

https://www.whistlerblackcomb.com/purchase/tickets-and-passes/season-passes/winter-17-18

EPIC PASSとWHISLER BLACKCOMBのシーズンパス何が違うんだ?

ところで、多くの人が迷ってしまうのが、今季から導入されたEPIC PASSだろう。
これは、ウィスラーの親会社となったベイル(スキー場)の影響でウィスラーでも買えることがパスで、こちらの
EPIC PASSは、ベイル他、同じコロラドのブリッケンリッジなど世界の提携しているリゾートで使うことができ、しかもWHISLER BLACKCOMBのパスよりも安いので、お得な印象を与える。

EPIC PASS価格(859アメリカ・ドル or 1,117カナダ・ドル)
WHISLER BLACKCOMBシーズンパス(1,229カナダ・ドル)

だったら、EPIC PASSの方が、いいよね?と思ってしまうけど、ちょっと待った!
ウィスラーのパスにも良いポイントがあるんだ。

>>>> 続きを読む

【フサキ日記】SandboxバラクラバのNinja Koozieは手裏剣付き!?

 

長年スノーボード・ブランドのディスリビューション(代理店)業務をしていると、驚くことがあります。

スノーボードの新商品を最初にサンプルのチェックするのは、往来、冬前の11月頃。
そして、スノーボードの展示会シーズンは1月~2月。商品が入荷するのが、今頃で8月~11月。

つまりこれからスノーボード・ショップに並ぶ商品というのは、すでに昨年の11月にはチェックしているということになります。

最初のサンプルの段階では、まだ完成されていない商品なので、改良が加わることもしばしば。
例えば、ボタンで留めていたものをジップに変更とか、袖の長さが変更したりなど。

最終的に商品が日本に入荷した時に、事前通告なしに変更されているケースもあり、「マジか!?」なんて思うこともあります。
注文した商品に変更があれば、お客様に説明する必要があるし。

ブランド側としたら、良い方向にリニューアルしていれば問題なしとか、これくらいのことは説明する必要もないだろう、
ということで、勝手に(?)変えちゃっていることもしばしばなんです。

そして、今日も聞いていなかったことがありました。これです。

カナダのヘルメット・ブランド、バラクラバのNinja Koozieのヘッダーのところ。なんと手裏剣のようなカットがあるんです。
なんだこれ!何のために?って思いますよね。

どうやってディスプレーするんだ?ということで、自分が働く代理店のムラッチョ社長は、どういうふうに商品を並べればいいのかな?と考えました。

だけど、しっくりこない。
そこで、本社に問い合わせとなったのです。

The star should stay in the header until the customer buys it. Then the customer can pop it out to use for fun.
(星は、お客さんは買うまでヘッダーまで付けておくの。そしてお客さんは購入したらそれを投げて遊べるのよ。)

そう言われれば、「なるほど~」と思うけど、わかんなかったなあ(笑

そもそもそんな余計なカット入れれば、ちょっとしたコスト高につながると思うのだけど、まあノリも大切な海外ブランド。
まっ、いいか!Have a Fun!ってことで。

 

ギンギラギンにほぼ二十歳のオレ

 

この写真、笑ったし、意外な事実があってびっくりしたなあ。
ほぼ二十歳の頃のオレです。

先日、カナダに始めてワーホリに来た友人が持って来てくれた写真。
彼女は、今でも全日本の大会で活躍されていて、日本でも代表するレースクイーン。

で、驚いた意外の事実とは、このロンT。なんとWestbeachなんです!
今、自分がディストリビューションしているブランドだから、嬉しくなっちゃいました。
うわあ、この頃から縁があったのか!って。

それにしても、このオレの姿、笑えるねえ。
髪もフサフサ、ギンギギラギンな感じ。

5月だったかな。この時、アメリカの半周旅行を終えて、気づいたら翌月の払える家賃がなかったんだよね。
仕方ないから、車で寝泊まりしていたんだ(笑

 

【フサキ日記】オレ、マメかも!?20年存続している会社は0.4%しかない

 

ちょっと気になるデータを知りました。
なんと、会社設立から5年以上続く確率というのは、15%しかないそうです。
さらに20年ともなると、0.4%。
この数値の意味するところは、100社あったら、ほぼ生き残る会社は、ナシの0%。
1000社にして、4社しか残らないというデータです。

これほど会社というのは生き残るのが大変なんですね。

DMKのスノーボードのサイトというのは、自分が立ち上げて、これまで様々なサポートがあり生き残って来たわけですが、1997年12月にスタートしたので、今年で20年目。
まあ、会社とウェブサイトはレベルが違うけど。一応、社会に貢献し、利益を求めて運営しているという点では、似ているところがあると思います。

サイト立ち上げの時のきっかけは。当時、自分はスノーボードの専門誌で執筆や写真撮影をしていたのですが、誰にも尋ねず自分がリリースしたいコンテンツを紹介したいという気持ちから。つまり、雑誌の編集長への憧れの気持ちからスタートしたのです。

サイト立ち上げた当初は、今のように毎日更新していたわけではないけど、3年かなあ、いや5年くらい経った頃かなあ。今となっては思い出せないけど、どこかのきっかけで毎日アップし続けるようになりました。まあ、15年以上は毎日更新し続けていると思います。
それはお正月やクリスマス休暇の時期でも。冠婚葬祭、いろいろあった日でも。インフルエンザで頭がボーっとしている日でも。毎日毎日毎日、休まずにアップし続けていました。

その間、様々なスノーボードのサイトが生まれて、なくなり、また雑誌はどんどんなくなってしまいました。

今、こうしてまだDMKが存続できたのは、これまで様々なサポートがあったから。その人たちに感謝せずにはいられません。今、これまでお世話になった方々を思い浮かべています。

何より、「読者がいる実感」「伝わっているという気持ち」。
それが大きかったですね!

なんだか、かしこまっちゃったけど、別に何が起きたわけではありませんので、ご心配なく!(笑

たまたま、ある人物のバイオグラフィーのテレビ番組を見ていたら、そんなことを考えたのです。

20年って凄いことなんだな。オレってマメかも!?なんて思いました。

自分にとってDMKサイトの更新って、毎日の食事といっしょのことなのかもしれませんね。

今、考えていることは、毎日更新することにとらわれずに、もっとためになる情報を伝えることです。
そのためにできることを今、仕込み中です。

この夏は、コンテンツの仕込みを頑張り来たるシーズンに備えますので、どうぞお楽しみに!!
これからも日本全国のスノーボーダーの方に良い情報を伝えるよう、より一生「魂」込めて頑張るのでよろしくお願いします!

 

 

【フサキ日記】ショーン・ホワイトも悲しむカール販売中止

 

先頃、カールの東日本販売をやめるという報道を聞いたけど、今日、たまたま本棚を整理していたらおもしろい記事を発見した。

それは、2005年2月号のFREERUN誌。
プロスノーボーダーへの質問コーナーにショーン・ホワイトが出ていて、「明治のカールは超ウマイ!」とあるのだ。

キャプションには、「ショーンは明治のカールが大好き。ドンキホーテでまとめ買いしていた。マジで明治製菓にスポンサードされたがっていたので、これを見ていた担当者の方、よろしく!」だって(笑

歴史に「もし」はないと言うけれど、もしもこの情報が明治製菓に伝わって、この時にショーンがカールのスポンサードを受けていたら?
翌年にショーンは、バンクーバー五輪で金メダルを獲り、そこにカールの宣伝効果が伝わっていたかも!スノーボーダーを始め、世界中の多くの人にカールの魅力が伝わり、現在の販売が良好だったりして!?

個人的にはカールのカレー味は、世界中に愛好者を生むティストだと思うだけに、ショーンのスポンサードがなされなかったことは残念だ。

 

【フサキ日記】ワクシングの時に役立つワクシングペーパー

 

今季お世話になった板に。そして、これからお世話になる板にワクシングしました。

こんな時、頼りになるには、日本から持って来たワックスペーパーです。

ワクシングペーパーは、ワックスを均等に塗る役目、熱過ぎるアイロンからベースを守る役目、さらには汚れを取ることもでき、ワクシングの時にはとても役立つものです。

だけど、なぜかカナダでは販売しているのを見たことがありません。日本からカナダに来るスノーボーダーは必ず持って来た方がいいでしょう。

スノーボードは自分にとってライフスタイルのパートナー、さらには大事な仕事。だからこそ、用具は大切にするし、納得したものを使ってます。

 

●関連リンク
スノーボード板 オフシーズン保管方法
http://dmksnowboard.com/howto/snowboard-off-season-maintenance

 

【フサキ日記】世界でたった一本!サムライブルー・スノーボード

 

本日、長いシーズンに終わりを告げるブラッコム。オープン最終日。良い天気だったし、山の上はかなり良い盛り上がりだったようだね。みんな雪焼けして楽しそうだった。

で、この最後の日に遂に到着したマイ・ボード!ずいぶん前にオーダーしたものだけど、やっとのことで。
世界でたった一本のリクエスト・カラーのスノーボード(板)です!!

Hightide MFG(ハイタイド・エムエフジー)のPOWDAIR(パウダエアー)。

Hightide Mfg

毎日使用する板として、どのモデルにするか相当迷って。一時期はどんなところでも4WDのように突っ走るUnimogにしようかな、と思ったのだけど、最終的にカービング、パウダーなども考慮したPOWDAIRに。

自分のスタイルとして、雪のコンディションなどで板を変えるような面倒なことはしたくないから、きっと来季はこれ一本で行くと思います。

そして、制作したアカーシャにリクエストしたカラーは、サムライブルー!
そう、サッカー日本代表のカラーです(笑)。

最初、アカーシャに日本代表ユニフォームを見せたら、この肩のピンクは難しいな。どこに入れてほしいんだ?と聞かれたので、ともかくピンクがないなら、レッドでもいい、どこか入れてほしい、と伝えたら。じゃあ、テールのところでもOK?と言うから、それでいいよ!ということに。

来季このボードに乗ったら、日本代表の音楽が自然に流れて来そうで(笑)、テンション上がりそうだなあ。

家に帰って板のいろいろ細かいところをチェックすると、すでにワックスしてあって、なんとビベリングもしていた。アカーシャ、やさしいなあ。きっとすべてのお客さんにもやっているに違いない。

来季、人生初のハンドメイド・ボードに乗るのが楽しみです!!

 

【フサキ日記】滑り収め

 

本日、撮影もかねて滑り収めのブラッコムへ。

レポートでもアップしましたが、サイレント・ライダーの竹下史也と山へ。さすがサイレント・ライダー、リフトの上で会話が弾まなかった(笑)。だけど、いっしょにいて、空気感が良いというか、とてもリラックスでき楽しい撮影でした。

今季、山は上がった日をカウントしてみると、122日。まあまあ上がったな。
生涯滑走日数は、気づけば3000日を超えて、3101日に。
よし、このペースで行けば、あと10年後には5000日を越えてギネスブックに申請!?

新たなフサキ伝説を作れるかも(笑

それにしても、今季のウィスラーは根性があったなあ。この時期にして下まで滑れちゃうんだから。
25年以上ウィスラーで滑っているけど、記録的なシーズンだった。