Category: 注目の記事

歴史を動かした10人のライダー

 

Story: Fusaki IIDA  fusaki@dmksnowboard.com

スノーボードが日本に入ってから30年以上が経った。
日本にスノーボードが入った当初は、スノーボードがこれからウィンタースポーツの盟主になるとは考えられなかった。
それは、日本だけに留まらず、世界でも同様。
それぐらいゲレンデは、圧倒的にスキーヤーの世界だったのだ。

90年初頭にスノーボードが台頭始めた頃、スノーボーダーはゲレンデの悪と言われた。
スキー場は、スキーヤーのためという考えの元、スノーボーダーは招かざる客。
しかし、時代は90年初旬から中盤のスノーボード・バブルとなり、1998年長野五輪でスノーボードは正式オリンピック種目に。
その頃、「ゲレンデの悪」はゲレンデの救世主となった。
今では、スキー場はスノーボーダーになしでビジネスが成り立たないほど、スノーボードが普及している。アメリカでは若者の多くがスキーよりもスノーボーダーをやりたがった。

そんなスノーボードの歴史を振り返ると、そこにはこのスポーツを普及したプロフェッナルが存在する。
創世記にプロと名乗ったライダーたちは、当初、これで飯が喰えるとは思われていないような存在だった。しかし、いつしか1千万プレイヤーや現れ、現在では1億以上も稼ぐプロ・ライダーもいる。

そこでDMKでは、独自な視点で「スノーボード・ヒストリーを動かした10人のライダー」を紹介することにした。

もちろん人それぞれの様々な評価があるので、これが全てとは思わない。しかし、今回この記事をきっかけに、こういう企画が様々なところで活発的に議論され、これまでスノーボード界に功績あったライダーが評価されれば幸いだ。

>>>> 続きを読む

滑走面の深~くてためになるお話/谷田部 馨信

 

news150318f

今回、このインタビューを見た方は、かなりラッキーかもしれません。
というのも、これまであまり伝えて来なかった、スキーやスノーボードの深~くてためになるお話をご紹介するからです。
お迎えしたのは、サロモンやアトミックの販売を行っているアメアスポーツジャパン株式会社にてスキー・スノーボードのクオリティマネージメントを担当しているKiyo(キヨ)こと、谷田部 馨信さん。

このクオリティマネージメントというのは、製品の品質に関する改良点を本国の担当者へフィードバックしいて、より良い製品の開発につなげていくことが主な役目です。ようはスノーボードに関するマテリアルに深く精通していなければできない仕事。したがって、キヨさんは滑走面に関することもくわしいのです。

そもそもこういう知識を知ることにより、一般のスノーボーダーにどのような恩恵を得ることができるのか。そのへんもくわしく聞いてみたので、ぜひ参考にしてください!

news150318k

 

--先日、キヨさんから滑走面にそもそもメーカーがあると聞いて、目からウロコだったのですが、確かにウェア素材のゴアテックスやココナのように、滑走面にもそういうメーカーがあっておかしくはないですよね。まずは、そのへんのメーカーの数や、それぞれの特性をわかる範囲内で教えていただけませんか?

谷田部:正確なメーカー数はわかりませんが、きちんとした製品を製造しているスノーボードメーカーが採用している滑走面メーカーは数社しかないと思います。
その中でもスイスのIMS PLASTIC社のP-TEX(ピーテックス)が有名です。みなさんも「P-TEX」という名称を聞いたことがあるのではないでしょうか。
滑走面はメーカーによる特性というより、製法により大きく2種類に分けられます。

>>>> 続きを読む

初心者にオススメのボードはフラット・ロッカー

 

世の中にたくさんあるスノーボードのブランド、種類、デザイン。さらには近年、様々な形状のスノーボードがリリースされ、なかなか初心者にとってはどれを購入していいかわかり難い状況だ。

そこで神田スノーボード・ショップ街でもその販売スペースの大きさで一際目立つスパッチオ・モリヤマ店、そこのボード選びのアドバイザーとして長年活躍する望月伸一郎さんに、「初心者にオススメの板」を聞いてみました。

news141018c

>>>> 続きを読む

スノーボード・ウェアの洗濯方法

 

スノーボードのウェアの洗濯って、みなさんどうされていますか?
わからないのでクリーニング屋さんに出したり、中にはファブリーズと天日干しで乗り越えてきた方もいるようですが。

実際、僕もクリーニング屋さんに出してみたことはありますが、その値段の高さにビックリしたことがあります。
しかも、意外に防水性が保たれていなくて、洗濯屋に出したウェアは、染みやすくなったかな、と思いました。
出したクリーニング屋さんが良くなかったのかもしれませんが。

それで、それ以来、手洗いでやっています。

ウェア専門の洗剤を使う

一番ベストな方法は、ウェア専門の洗剤を使うことでしょう。
例えば、ニクワックス。

news130804c

この手のものは、海外にもあり、僕の友人も使っていますが、お国柄(!?)カナダ人はラフな奴が多いので、手洗いでなく洗濯機で洗っています。
だけど、ウェアの持つ撥水加工性を保ちたいなら、マシーンでなく、手洗いの方が理想ですよね。

ニクワックスは、「洗剤成分をウエアに残さない非合成洗剤。ウエアの生地が元々持っていた撥水性能を蘇らせる効果もある。」というので、通常の洗剤よりも間違いなく良さそう。
値段も1000円ちょっとだしオススメです。

 

手洗いの洗濯方法

まずはウェアを濡らして、裾の周りとか汚れが強いところを重点的にゴシゴシやります。
あとは全体的に軽く押す程度の洗濯。そして、そのままちょっと浸けておきますね。いつも適当だけど、5分くらいかなあ。

次に水を抜いて、すすぎをします。これが結構、大変で意外に洗剤って落ち切らないんですよね。
だから、しっかりと落とすようにします。

news130804d

あとは陰干し。
ウェアはハンガーにかけます。

水を含んだウェアって、結構、重いんですよ。
だから、最初からどこに干すか決めておかないと、いざ洗濯し終わった後、困るかも知れないので、気を付けて。その干す場所行くまでに結構、水がポタポタ落ちるよ。

 

news130804e

 

洗濯する回数

ところで、洗濯する回数って、シーズン中どれくらいがいいんでしょうか?
いろいろ使い方にもよるけど、油とかで汚すような環境でない限り、シーズンで1回ぐらいでいいのでは?
まあ、個人的にはシーズン20日滑走以内程度なら、一度も洗濯しなくても良いように思います。
だって、肌に直接触るような衣類でないしね。

ともかく、シーズン終わりに一度洗濯すると、来るべきシーズンに入り、気持ち良くきれいなウェアを着ることができます。
まだ、ウェアを洗濯したことがない方、ぜひお試しあれ!
今季も無事にシーズンを終えたことを感謝しながら、気持ちを込めて洗濯すれば、来季はもっと良いことがあるかも!?

 

 

【実話】生と死を彷徨ったスノーボーダー/伊藤 一真

 


PROROGUE

クレイグ・ケリーの死は、あまりにも僕にとって突然だった。
あれほど山を愛して、あれほど山に尊敬の念を持ち、またあれほど山の知識あるライダーが・・・。

以前、一真はよくこんなことを言っていた。

「自然は人間が考えることよりも、遙かに越えている。」

人間の想像を遥かに越えるもの。それが自然だ。だから、僕たちは歴史から学び未来に向かって歩まないといけないのである。しかし、あろうことか、カナダではあのクレイグの雪崩事故の1週間も経たない間に、まったく同じ地域で雪崩の事故があった。今度の犠牲者はある有名中学の生徒で7人だ。この事故もひじょうに大きい。多くの人は嘆いただろう。

「あの事件の教訓が生かされてはない!」

自然脅威は、まだ人生これからというティーンたちの命を今回も奪ったのである。

これから話すストーリーは、実話である。
僕の友人である伊藤一真が北海道で遭難した話だ。

>>>> 続きを読む