Category: 注目の記事

誰も知らない!?スノーボード板80年代ヒストリー

 

By Fusaki IIDA

僕がスノーボードを始めたのは、1985年の冬、高校2年生の時だった。
あの頃、スノーボードというのは、世間にまったく知られていないもので、「スノーボードに行く」と伝えると、周りには「何それ?」という顔をされたものだ。

ところが、90年代に入って、スノーボードはたちまち多くの人に知られるようになり一大ブームになる。そして、遂に1988年長野オリンピックでスノーボードが正式種目に採用されることになって、認知度が世界中に広がった。

だから、90年代のスノーボードのヒストリーというのは、結構多くの人に知られている。現在スノーボード界で活躍している40代の方なら、あの最も熱かったスノーボード・ヒストリーを語れるだろう。

●参考リンク
スノーボード界の歴史を動かした10人のライダー

スノーボード界の歴史を動かした10人のライダー

だが、80年代のスノーボードというと、まず知られていない。
かなり昔から業界で活躍されている方でも、あの頃の歴史を知っているというと、本当に限られた人だと思う。
今季33シーズン目を迎える自分自身でさえ、わからないことが多いのだ。

そこで、スノーボードの歴史というものを後世に残す資料を残したいという気持ちで、あまり知らない80年代のボード(板)を探してみた。

こうして歴史的なスノーボード板を拝見すると、今になってリバイバルしていることもわかって興味深い。

例えば、ビンディングのない板は、まるで現在の雪板ブームにつながっている。パウダーに適したスワローテール板は、今、新たに人気なっているもの。
またグラフィックに関しても、昔の時代のことがリバイバルされた、ということもわかる。

80年代の板は、今見ると不思議なほど魅力があるのだ。
さあ、あなたを80年代のスノーボード板の世界へご案内しよう!

>>>> 続きを読む

スノーボード界の歴史を動かした10人のライダー

 

Story: Fusaki IIDA  fusaki@dmksnowboard.com

スノーボードが日本に入ってから30年以上が経った。
日本にスノーボードが入った当初は、スノーボードがこれからウィンタースポーツの盟主になるとは考えられなかった。
それは、日本だけに留まらず、世界でも同様。
それぐらいゲレンデは、圧倒的にスキーヤーの世界だったのだ。

90年初頭にスノーボードが台頭始めた頃、スノーボーダーはゲレンデの悪と言われた。
スキー場は、スキーヤーのためという考えの元、スノーボーダーは招かざる客。

しかし、時代は90年初旬から中盤のスノーボード・バブルとなり、1998年長野五輪でスノーボードは正式オリンピック種目に。
その頃、「ゲレンデの悪」はゲレンデの救世主となった。
今では、スキー場はスノーボーダーになしでビジネスが成り立たないほど、スノーボードが普及している。アメリカでは若者の多くがスキーよりもスノーボーダーをやりたがった。

そんなスノーボードの歴史を振り返ると、そこにはこのスポーツを普及したプロフェッナルが存在する。
創世記にプロと名乗ったライダーたちは、当初、これで飯が喰えるとは思われていないような存在だった。しかし、いつしか1千万プレイヤーや現れ、現在では1億以上も稼ぐプロ・ライダーもいる。

そこでDMKでは、独自な視点で「スノーボード・ヒストリーを動かした10人のライダー」を紹介することにした。

もちろん人それぞれの様々な評価があるので、これが全てとは思わない。しかし、今回この記事をきっかけに、こういう企画が様々なところで活発的に議論され、これまでスノーボード界に功績あったライダーが評価されれば幸いだ。

>>>> 続きを読む

スノーボード初心者に捧げる レギュラースタンス or グーフィースタンスの決め方

 

スノーボードのスタンスは、左足を前で滑るレギュラースタンスと、右足を前に滑るグーフィースタンスの2種類あります。
特にこれまでスケートボードやサーフィンなど横乗りのスポーツをやったことがない初心者にとってスタンスを決めるのは難しい面があります。
そこで、どのようにしてスタンスを決めるのか、アドバイスしましょう!

>>>> 続きを読む

スノーボーダーに必要な10の格言

 

さあ、いよいよシーズンイン間近!
今季も頑張るぞ!と思うけど、時に人は弱くなることもある。
上達したいのは山々だけど、どうしても逃げちゃう自分がいる。
大会で頑張りたいのに、練習に打ち込めない自分がいる。

そんな時に、役に立つかもしれないよ!
スノーボーダーに必要な10の格言を紹介しよう。

以下の言葉は、人から聞いたり、本を読んで知ったり、また自分で浮かんだ格言です。
スノーボーダーの上達において、「良い言葉!」って、ひらめいた、自分がメモっておいたもの。
ご紹介しますね。

 

何事も慣れた時が危険。目標を上げて初心に戻る心がけを。

長くスノーボードをやっていると、どうしても良い意味でも悪い意味でも慣れてしまうもの。できることばっかりやってもいつまでも上達できない。
そんな時こそ、改めて目標を掲げて、初心に戻る心がけを持とう!

 

努力を続けることは上達の近道。

早く上達したい!というのはわかるけど、焦ったらダメ。特にスノーボードは怪我といつも隣り合わせ。
一気にジャンプしようとしないで、努力を続けること。思い返せば、それが一番の上達の近道だから。

 

緊張というのは準備不足。やることをやっていないから緊張に負ける。

キッカーに挑もうとする時。大会に出た時。緊張に押しつぶされそうな自分に出会う。
そんなことなら、まだまだ準備不足。完全に緊張を払拭するのは難しいかもしれなけど。トライしてしょうがない。大会に出たくてしょうがない。
そんな思いができるぐらい準備、練習をしよう!

 

ライバルは昨日の自分。

スノーボードをやっていると、どうしても他人と自分を比べがち。
あいつはあんなカッコいいトリックができたのに、自分はできないって沈み込んだり。
だけど、そんなこと考えたって意味がないし、無駄なエネルギーを使うだけ。
大切なことは、昨日の自分に勝つこと。
ライバルは昨日の自分だよ。

 

人は結果ではなく目標を持つことが素晴らしい。

大会で結果が出ない。チャレンジしたボックスで尻もちついちゃった。恥ずかしい・・・。
そんなこと思うことないよ。大切なことはそれをやろうと目標を持ったことなんだから。
結果ではない。目標を持って行動すること素晴らしいことなんだ。

 

失敗を恐れぬこと。行動は必ず力になる。

上に似たような言葉だけど。
失敗を恐れないこと。行動したことこそ力になるんだから。
何度失敗してもいいんだ。転ばない人は、スノーボードがうまくならないよ。
恥ずかしいことをした人は、スノーボーダーは勝利者となる。

 

平凡なことでも続けることで非凡になる。

コツコツ練習することは大変なんだよね。そして続けることはもっと大変。
でも、それができるということが、才能だと思う。
平凡なことでも続けることができれば非凡となるだろう。
気づけば、ずいぶんと高いところに登れるもの。

 

勇気とは不安を消し去ることではない。不安に向かっていくことだ。

不安という感情を押し殺すのはどうかな。
本当の勇気というのは、その不安に対して、真正面に立ち向かうことなんだと思う。
それが、本当の勇気。

 

「気」のないところにには、結果が生まれず。

なんとなく~、ではうまくならないと思うよ。
運動センスある人ならある程度なら行くけど。
まずは気持ち。自分の中で「気」を持つこと。
そんな気構えが、結果につながるのだと思う。
自分を信じよう。強い気持ちを!

 

夢は決してあきらめぬこと。夢とは実現させるために在る。

夢を持ったら、決してあきらめぬこと。
夢とは実現させるために在るのだから。
特に若いスノーボーダーの方は、大きな夢を持とう!

 


飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴30シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWing誌では、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、シーズン中に一回は日本へ帰国しコーチングも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、今なお世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!

 

気持ちE感覚!スノーボード HOW TO カービングターン

 

スノーボーダーなら多くの人が憧れるカービングターン。
ライディングしている姿がカッコ良く、しかもカッコ良いだけでなく、スノーボーディングのテクニックの幅を広げるためにも必要です。

しかし、近年、カービングターンに関する情報が減っているようにも思います。

そこで、長年に渡りハウツーを伝えて来た自分が、今、改めてカービングターンのことをしっかりと伝えようと思います。
あまり固くならないように、できるだけわかりやすく簡潔に伝えたい、と考えています。

多くの方に、カービングターンの楽しさ、気持ちE感覚を知ってほしい!!

まず基本中の基本。
そもそもカービングターンって何?という定義からお伝えしますね。

news130831c

TEXT: Fusaki IIDA

>>>> 続きを読む

平昌オリンピック スノーボード完全ガイド ハーフパイプ編【日程、競技説明、主要選手まとめ】

 

平昌オリンピック スノーボード完全ガイド ハーフパイプ編。日程、競技説明、主要選手まとめ。

前回のソチ五輪では銀、銅の2つのメダルを獲得した期待のハーフパイプ編。
特に日本人男子は絶好調で、メダル・ラッシュが期待できます!

 

前回ソチでは、ハーフパイプで平野歩夢が銀メダル獲得、平岡卓が銅メダルを獲得し遂に日本スノーボード界の悲願、オリンピックのメダリストが誕生!その模様は日本中に大きな話題を振り撒いた。

スノーボードのことをよく知らない方も、よく知っている方もオリンピックが楽しめますように!
来たるべきオリンピックに向けて、ご参照ください。

 

>>>> 続きを読む

PICK UP!! 最新オススメのスノーボード板10モデル

 

DMKでは、一般的なスノーボーダーの方に向けて、オススメのボードを独自の調査でリサーチ!
テーマは、多くのスノーボーダーのみなさんに喜んでいただける板。

ショップのオーナーさんやDMKライダーからいくつかメーカーを推薦してもらい、その結果を受けてメーカーの方には「多くのスノーボーダーの方にオススメしたい注目のモデル」というテーマでチョイスしていいただきました。
最終的にDMKの方で10ボードをセレクト!ぜひ、今季のスノーボード選びにご参考してください!

もちろん、ここに掲載されていないブランドのボードでも、よりあなたに合うボードはあるでしょう。
だけど、何を買っていいのか、その目安がない、という方のために、ぜひご紹介できればと思い企画しました。

「ノーブランドでダサ~い」なんて言われたくないよね?
だからこそ、みんなの参考になるように最新オススメのスノーボード10モデルをPICK UP!!

>>>> 続きを読む