グローブは袖の内側or外側どっち?

LINEで送る
Pocket

スノーボードのグローブは、袖の内中側に付けるのか、外側に付けるのか?
どっちに付けるかということは、意外に知られていないことかもしれません。

極端な話、グローブはしないよりはマシという点で、どっちでもいい、ということなんだろうとは思いますが、
それでも「雪が入らない方がいい」、さらに「カッコいい方がいい」、という点で、
僕は内側に付けることをオススメします。

だいたい、最近のカッコいいスノーボード・グローブのブランドというのは、いかにも内側に付けるであろう、ということで手首の部分がスッキリとしてデザインになっています。

また最近のカッコいいウェア・ブランドも、グローブを内側に入れるであろう、ということを考えて袖の調整幅にゆとりを保たせて作ってあります。

だけど、今だにグローブの手首部分がフラワーのようにドカーンと大きいものあり、そういったものは袖の内側に入れ難くて苦労しますね。
だから、グローブを購入される時には、自分のウェアの内側に入れることも考えて、形状デザインを考えた方がいいです。

それと、最近、ファッションに敏感なライダーは、袖を親指に通して付けるようなスタイルでいってますね。
こうすると、さらに袖とグローブの隙間がなくなり、雪が袖から入り難くなります。

またウェア・ブランドもそういうことを考えて、親指からでも通せるような袖作りをするところも出て来ました。

ご参考に!


http://www.transformgloves.com/


http://www.westbeach.com/
 

 

 

LINEで送る
Pocket